贈与税の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

家族からのお土産として贈られてくるモノは魅力的なモノが多いです。

特に人生の中で資金調達をする時は、重要な局面になります。

住宅購入、結婚資金、教育資金、子育て資金、生活資金などの様々な恩恵を得る事ができます。

そして、お互いに贈与をする事によって贈与税が課税されていきます。

さらに、相続税と深い関係を秘めているのでお試し期間を活用する事もできます。

贈与税の基礎知識について

贈与税は、贈与者が個人の財産を受贈者に無償で譲渡した時に

財産を受け取った方に課税される税金です。

これは、生きている間に財産を分け与える事です。

そして原則として基礎控除額は、1年間に110万円以下です(1人分です)。

1年間に110万円超の場合は課税されます(1人分です)。

贈与対象期間は、01月01日~12月31日までです(暦年贈与です)。

贈与税の納税期日は、贈与を行った年の翌年の02月01日~03月15日までに

税務署に申告して納税します。

個人の贈与は所得税が非課税です、法人の贈与は贈与税ではなく所得税として課税されます。

さらに主な贈与税の対象財産は預貯金、株式、不動産、現金などです。

ちなみに贈与の適用範囲は、お互いの(贈与者と受贈者です)の合意、

受贈者の財産の運用管理などが必要です。

贈与税の非課税について

一定の条件を満たす事によって、贈与税を免除する事ができます。

金品、祝物、香典、見舞い、扶養義務者(夫婦や兄弟姉妹などです)からの生活費や教育費目的の財産、

奨学金の支給目的の特定公益信託、宗教や慈善目的事業者が取得した財産、

心身障害者共済制度による給付金、法人からの贈与取得した財産などです。

 

個人間と法人間の贈与税についてです。

種類別 贈与者 受贈者
個人から個人 非課税です。 贈与税が発生します。
個人から法人 みなし譲渡所得税が課税されます。 法人税が課税されます。
法人から個人 法人税が課税されます。 所得税が課税されます。
法人から法人 法人税が課税されます。 法人税が課税されます。

贈与税の課税について

贈与税の主な課税パターンがあります。

贈与金額と贈与年が一定…贈与する金額と時期が確定している事です。

主な対策は、地道に贈与税の基礎控除内で贈与する事です。

名義預金…子どもや孫の名義で預金する事です。

主な対策は、子どもや孫に印鑑と通帳を管理化させる事です。

相続と贈与の違いについて

相続は、人(被相続品です)が亡くなった時にその人の財産を特定の人(相続人です)に受け継ぐ事です。

相続税は、遺産総額に課税される税金です。

被相続人…死亡した人です。

相続人…相続財産を受け取る人です。

大きな特徴は、亡くなった時に財産を分ける事です。

贈与税と組み合わせる事によって、節税対策をする事ができます。

 

贈与は、個人(贈与者です)が金品系を特定の人(受贈者です)に贈る事です。

贈与税は、個人の財産を受け取った時に課税される税金です。

贈与者…贈与する人です。

受贈者…贈与財産を受け取る人です。

大きな特徴は、生きている時に財産を分ける事です。

相続税の負担を軽減する事ができます。

有効活用の具体例は資金援助、住宅費、生活費、教育費、子育て支援などです。

ちなみに贈与者が死亡すると亡くなる前の3年間分は、相続税の課税対象になる可能性があります。

 
 
    

Thank you