FXの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

FXは、大きな投機目的で利用されています。

インターネットの普及に伴って、為替取引ができるようになりました。

そして、ライフスタイルに応じて取引が可能になりました。

平日は相場が動いているので、FXや株などの投資や投機が行えます。

ちなみに土曜日と日曜日は、相場はお休みです。

FXの基礎知識について

FXは、一定の証拠金を預ける事によって、外国為替の取引が行えれる資産運用方法です。

基本的には、投機目的で取引をする場合が多いです。

別名は、外国為替証拠金です。

大きな特徴は買いや売りから選べる事、元手以上の資金を運用できる事です。

そして円高や円安に応じて買い注文や売り注文の判断ができます。

円高…円の価値が高くなる事です。

円安…円の価値が低くなる事です。

しかし、仕組みが不十分な状態で大きな資金を運用すると大きなリスクに繋がる可能性が高まります。

想像以上の損失が発生する場合があるので、自己判断力が必要です。

ちなみにFXは、Foreign Exchangeの略語です。

 

FXが普及したのは、1998年04月に施行された外国為替及び外国貿易法(外為法です)の改正です。

施行以前は、許可制の為替取引でした。

ちなみに、金融機関などで取引ができました。

法改正後、為替取引が原則として自由に個人売買ができるようになりました。

誰もが手軽に為替取引ができるようになった事で、

資産運用手段の1つとして広く浸透するようになりました。

為替差益について

FXは、為替変動によって利益や損失が発生します。

基本的な損益定義についてです。

買い注文の場合は、円高方向に傾くと外貨を買い注文をして円安方向に傾くと外貨を売り注文します。

売り注文の場合は、円安方向に傾くと外貨を買い注文をして円高方向に傾くと外貨を売り注文します。

このように外国為替証拠金は、マーケット時間内に利益が期待できる機会が多くあります。

しかし、リスクヘッジ(保険です)を肝に銘じる必要があります。

海外投資は、為替相場に大きく影響しています。

金融商品を取り扱う時は、しっかりリスクヘッジを適用する事をオススメします。

金利差益について

FXは、金利相場によって利益や損失が発生します。

基本的な損益定義についてです。

金利を受け取る場合は、金利の高い通貨を買い注文して金利の低い通貨を売り注文をします。

金利を支払う場合(損失が発生します)は、

金利の高い通貨を売り注文して金利の低い通貨を買い注文をします。

このような金利差によって、日割り計算が行われて金利が受け取れる仕組みになっています。

スワップポイント…金利差です(利息です)。

一般的な銀行の外貨預金は、数ヶ月単位や年単位等によって利息が付加されます。

しかしFXの場合は、日割り計算で毎日利息が付加されます。

そしてスワップポイントを毎日受け取り続けると、1年間で金利差分金額が付加されます。



外国為替マーケットについて

為替市場は24時間、世界中にある銀行同士によって相対取引が行われています。

別名は、インターバンク市場です。

FXは、金融商品取引法に基づく登録済み業者(FX会社です)によって、

提示されている為替レートが異なります。

為替レートは、2通貨の交換比率です。

そしてFX会社は、金融機関と取引の誤差がありますが大きな影響はありません。

FXに対して株式の場合は、東京証券取引所等の市場に上場されている銘柄を取引します。

基本的に株式の購入や売却の目安となる『買値』や『売値』は、

東京証券取引所が各証券会社に提示しています。

&nbsp

為替市場は、基本的には24時間体制でマーケットが動いています。

日本時間の昼頃は、アジアを中心としたマーケットでの取引が目立ちます。

そして日本時間の夕方頃は、ヨーロッパを中心としたマーケットでの取引が目立ちます。

さらに日本時間の夜頃は、ニューヨークを中心としたマーケットでの取引が目立ちます。

特に夕方から深夜にかけて大きな値動きが起きます。

為替が一番動く時間帯は、

ヨーロッパ・マーケットとニューヨーク・マーケットが重なり合う時間帯です(深夜前です)。

FXに対して株式の場合は、株式市場の取引時間が決まっています。

基本的に大きな値動きが生じる時間帯は、株式マーケットの始動~約1時間程度です。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア