仮想通貨証拠金取引について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

現在、仮想通貨市場が過熱化しています。

仮想通貨は、送金・決算・投資の3要素があるサービスです。

具体例はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、

リップル、ライトコイン、ネムなどです。

2017年04月01日、改正資金決算法が施行されました。

これは、仮想通貨の売買を規制する法律です。

今後は、利便性の高さを誇ったサービスに展開していきます。

仮想通貨証拠金取引について

仮想通貨証拠金取引は、仮想通貨を売買できる差金決算サービスです。

これは証拠金を預入れして、資産運用ができます。

証拠金は、担保として預けるお金です。

そして、預けた範囲内で取引ができます。

ちなみに、別名はビットコインFXと呼ばれています。

大きな特徴についてです。

365日24時間取引…平日、休日、祝祭日に取引ができます。

基本的に取引時間が、24時間体制です。

外国為替証拠金取引の場合は、平日のみです。

FXよりもビットコインFXの方が取引時間が長いです。

しかし定期メンテナンスや不定期メンテナンスは、取引ができません。

レバレッジ…少額で大きな金額の取引ができる仕組みです。

これは、ハイリスク・ハイリターンです。

デイトレードなどの短期売買の取引をする事で、収益が狙えれます。

しかし、証拠金不足による差益損失が起きる場合があります(自己責任です)。

ボラティリティも高いので取引する際は、注意して下さい。

ちなみに、ボラティリティは価格変動の度合いです。

取引手数料…取引手数料は無料です。

現在は、各取引所の取引手数料は無料が多いです。

スワップポイント…資産間の金利差調整額です。

分かりやすい言葉に置き換えると利息です。

仮想通貨証拠金取引の主な用語についてです。

名称 説明
建玉 取引所で売買約定したモノです(ポジションです)。
新規注文 新しく建玉を作成する注文方法です。
返済注文 既存の建玉を返済する注文方法です。
建玉評価損益 建玉に発生する損益です。
未決算スワップ損益 建玉のスワップ損益の合計金額です。
必要証拠金 建玉の維持と新規注文による必要な証拠金です。
証拠金維持率 必要証拠金に対する評価証拠金の割合です。
追証 証拠金維持率が各取引所が定めている水準を下回った場合に、適応されます。
これは、不足金を補う為の合図です。
ロスカット 証拠金維持率が各取引所が定めている水準をかなり下回った場合に、適応されます。
これは、自動的に強制決算する仕組みです。

ちなみに、(建玉評価損益+未決算スワップ損益)-手数料=評価損益です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の3要素について

送金…P2Pネットワーク(データを送受信できる通信方式です)を利用しているので、

安価・安易に送金ができます。

いつでもどこでも送付できます。

送金の進捗状況は、ブロックチェーン(分散型台帳技術です)上に公開されているので、

いつでも確認する事ができます。

決算…仮想通貨で商品やサービスを購入や利用できます。

そして、代金を請求する際に仮想通貨を利用できます。

投資…仮想通貨の売買(法定通貨の交換です)、仮想通貨FX(デリバティブ取引です)などに活用できます。

 
 
    

Thank you