タイツについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

女性やこどもを中心にスポーツ用、おしゃれ用、防寒対策、

美脚効果などに期待できるファッション・アイテムがあります。

脚を美しく披露できるタイツは、特に女性に高い支持を得ています。

履き心地が良く、激しい運動に適しているプレミアム感が溢れるタイツは、

足のサポートを補助してくれる贅沢な健康着です。

タイツについて

タイツは、体に密着するように作成された衣服です。

これは、靴下ではありません。

大きな特徴は、冷え性の予防効果(保温性です)、下着が透けにくい、美脚効果、耐久性があります。

そして、伸縮性がある布地で縫製されたズボンです。

レースクイーンやエアロビクスなどに使用される事が多いです。

さらにタイツは、パンティストッキング(パンストです)と比較される場合があります。

これは、ストッキングの1種です。

パンストは、足のつま先から腰までを覆うモノです。

基本的には、女性用の下半身を覆う衣料です。

タイツは冬用、ストッキングは年中として区別される場合があります。

 

タイツ…複数の糸で編まれたモノです。

そして30デ二ール以上のモノです。

ちなみに、あまり透けていないです。

ストッキング…1本の糸で編まれたモノです。

そして30デ二ール以下のモノです。

ちなみに、透けています。

パンティストッキング…腰まで穿けるストッキングです。

ちなみにデニール(Denierです)は、生地の厚みや単位です。

デニール数が大きいほど、厚手です。

 

主なタイツ生地の原材料についてです。

シルク…吸湿性が高いです。

ウール…保温性が高い素材です。

コットン…通気性が高い素材です。

主なタイツの種類について

フーター…つま先まで覆われているタイツです。

【参考画像】

コンバーチブル…つま先に穴が開いているタイツです。

【参考画像】

ゼンタイ…スポーツやパフォーマンス競技などで利用される事が多いタイツです。

【参考画像】

バレエタイツ…バレエ用のタイツです。

【参考画像】

ボディタイツ…バレエ用のファンデーションです(インナーウェア)。

【参考画像】

タイツの歴史について

中世時代、ヨーロッパ地域でショース(ホーズです)が男性用に広く着用されています。

ショースは、下半身に包む股引風の衣服です。

そして乗馬や防寒性があるので、タイツの元祖です。

当時は、伸縮性の良い素材が希少価値が高く、ほとんど流通していませんでした。

1部の王族や貴族が着用していました。

さらに、着用者の体格に合わせて織り上げて作成されていました(高級品です)。

19世紀、フランスで舞台衣装として現在風に近いタイツが発明されました。

ちなみにタイツは、パンティホース(当時のアメリカ合衆国での呼び方です)として認知されていました。

1963年、アメリカ合衆国で世界初のパンティストッキングが開発されました。

全米の女性の間で大流行しました。

当時の日本は、輸入品として取引されていましたが、高級品だったので庶民にあまり普及していません。

1968年、厚木ナイロン工業株式会社(アツギ株式会社です)の創業者である堀禄助さんが、

初の国産品を開発しました。

その後、日本の女性の間で大流行して量販大勢手法によって広く普及しました。

女子学生の防寒制服や社会人女性の通年の防寒用靴下として大活躍しました。

2000年代以降、女子中学生や女子高校生を中心に身近なファッションとして愛用されました。

2008年、衣類の衣替えとして使用されていたタイツが、年中体制に変わってきました。

若い女性を中心に冷え性対策として使用されています。

2010年、カラータイツ(派手な色のタイツです)が流行り始まりました。

現在は、体操やバレエなどに利用されています。



タイツのサイズについて

身長…地面から頭頂まで測った値です(直立時です)。

ヒップ…骨盤の一番広い部分で測った値です。

日本の主なタイツのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 身長 ヒップ
Sサイズ 約145.0㎝~約155.0㎝ 約80.0㎝~約88.0㎝
Mサイズ 約150.0㎝~約160.0㎝ 約85.0㎝~約93.0㎝
Lサイズ 約155.0㎝~約165.0㎝ 約90.0㎝~約98.0㎝
LLサイズ 約160.0㎝~約170.0㎝ 約95.0㎝~約103.0㎝
 
 
    

Thank you