再生可能エネルギーの将来性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

日本は、エネルギーによって大きく変化を遂げました。

社会基盤から経済基盤にかけて、巨大なインフラを構成する事ができました。

これまでは国を中心とした独占的縛りを誇ってきましたが、

エネルギーは与えられるモノとして使用していました。

現在は電力会社、ガス会社を含めたネットワークが形成しています。

しかし、将来は地域規模でエネルギー改革が行われていきます。

エネルギー都市化とエネルギー自治化などの身近な存在になるでしょう。

①暮らしに溶け込む再生エネルギーについて

再生可能エネルギーは、長期的にはかけがえのない存在になります。

現在は、設備投資や資金回収などに長時間が掛かります。

さまざまな技術や普及を進めていける期待の市場です。

国は、優遇策を掲げて取り組み始めました。

固定価格買取制度や補助金制度などですね。

固定価格買取制は、エネルギーの買い取り金額をを法律によって助成する制度です。

追い風はさらに吹きます。

時代に応じたライフスタイルも変わります。

新しい設備や制度の登場で大いに利用していく可能性が上がります。

再生可能エネルギーに対する関心がより深まります。

古い設備や制度を重んじる層も少なくはないです。

既存の設備を用いて昔ながらの雰囲気を楽しむ事、

本来の自然エネルギーを利用する事もあります。

技術革新よりも古来の手法を大事にする事も重要です。

将来性のある再生可能エネルギーは、積極的派と消極的派に分かれます。

ちなみに、どちらの分類に満たない中間層も存在します。

私は、確実に未来を見通せる力は備わっていません。

しかし、お互いの意見を尊重して未知な部分を切り開いていく点に注目しています。


②エネルギーの技術優位と自然優位について

今後の再生可能エネルギー事情は、技術的派と自然的派に分類できます。

★技術的派

高度な技術を開発して、新時代を創造していく派閥です。

これは、最先端技術を導入してグローバル経済内の競争する経済成長型です。

主に集中生産、リサイクル、技術革新、都市化、成長志向などの個人重視型です。

●第一次産業…農林水産業の輸入増加を目指します。

●第二次産業…生産拠点を海外移転を目指します。

●第三次産業…市場の規制緩和を目指します。

●目標経済状態…GDP(国内総生産です)は1人当たり年平均2%の成長率を目指します。

国内総生産は、一定期間内に国内で生み出された付加価値総額です。

便利で快適な社会を構成を目指していく派閥です。

★自然的派

既存の技術を駆使いして、自然時代を創造していく派閥です。

これは、伝統を重視してローカル経済内の穏やかな生活をする自然成長型です。

主に地産地消、生産や消費基準を明確化、分散化、ゆとり志向などコミュニティ重視型です。

●第一次産業…農林水産業の見直しを目指します。

●第二次産業…多種多様の少量生産を目指します。

●第三次産業…市場の規制に適度調整を目指します。

●目標経済状態…GDPは1人当たり年平均1%の成長率を目指します。

文化的価値や社会的価値を構成を目指していく派閥です。

 
 
    

Thank you