靴下について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

足元を包みこむ不思議なオーラが舞い上がってきました。

履き心地が良い靴下を下から履いた瞬間、肌触りの良さが伝わっていきます。

ファッションアイテムとしておしゃれ要素が演出する事ができます。

クリスマスプレゼントが、可愛いソックスの中に入っているかもしれません。

サンタさんからの贈り物を手に入れて、最高のコーディネートを発見していきましょう。

靴下について

靴下は、足を覆う袋状の布です。

別名は、メリヤス足袋です。

大きな特徴は、靴と素足の間の緩衝材機能(物体保護素材です)、保温性、吸汗性、通気性などです。

そして、靴と下半身の衣服との間を埋める衣服です。

礼装時は黒色の靴下が好まれています。

さらに靴下の長さは、様々な形状があります。

丈の長い靴下は、脹脛を覆う靴下です。

丈の短かい靴下は、脹脛中間部分以下の靴下です。

 

靴下の基礎知識についてです。

サイハイソックス…太もも中間程度の靴下です。

オーバーニーソックス…膝丈程度の靴下です。

ニ-ソックス…膝程度の靴下です。

ハイソックス…膝下程度の靴下です。

スリーウォーターソックス…脹脛程度の靴下です。

アンクレットソックス…足首程度の靴下です。

スニーカーソックス…最も短い靴下です。

 

主な靴下生地の原材料についてです。

コットン…吸水性が良い素材です。

カシミヤ…保温性が良い素材です。

アクリル…シワになりにくい素材です。

主な靴下の種類について

ストッキング…長い靴下です。

【参考画像】

ルーズソックス…女子高生の間で人気がある靴下です。

【参考画像】

チューブソックス…軍事向けの靴下です。

【参考画像】

サンドソックス…砂浜で利用される靴下です。

【参考画像】

L字型ソックス…足の形状通りのL字型の靴下です。

【参考画像】

足袋ソックス…親指と人差し指の間が分かれている靴下です。

【参考画像】

クールソックス…脱ぎ履きしやすい靴下です。

【参考画像】

5本指ソックス…つま先が足指に沿った形状になっている靴下です。

【参考画像】

靴下の歴史について

4世紀、現存する最古の手編み靴下はエジプトのコプト時代に作成された厚手毛系編みのソックスです。

5世紀、布製の履き物である襪が中華人民共和国から日本に伝達されました。

当時は、贅沢なファッションアイテムの1つです(豪華な靴下です)。

7世紀、編物技術はエジプトからアラビア半島に伝達されてました。

15世紀、北ヨーロッパに伝達されて、ズボンの1種と使用されていました。

南蛮貿易時代、他の渡来品として初の靴下が日本にもたらされました。

1656年、イギリスのWilliam Leeさん(ウィリアム・リーです)が、画期的な靴下の枠編機を発明しました。

17世紀、イギリスはヨーロッパの靴下工業国になりました。

江戸時代、水戸光圀さんが日本最古の靴下を

男性靴下は衣装の重要な位置付けとして認知されていきました。

女性靴下は長いスカートに隠されていた事を楽しみの1つとして流行しました。

18世紀、白色の靴下が流行しました。

1871年、日本初の製靴会社である伊勢勝造靴場を設立した西村勝三さんが、

アメリカから靴下編機を輸入して機械編靴下を生産しました。

日清戦争時代・日露戦争時代、軍需品として靴下が利用されました。

1935年、Du Pont(デュポンです)の有機化学部門リーダーとして活動していた

Wallace Carothersさん(ウォーレス・カロザースです)が、画期的なナイロン(合成繊維です)を生み出しました。

その後、ナイロン・ストッキングが登場しました。

1960年、ミニスカートが流行してパンティ・ストッキング(パンストです)が多くの女性に支持されました。

パンストは、女性用の下半身を覆う衣料です。

現在は、幅広い世代に愛用されています。



靴下のサイズについて

日本の主な靴下のサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 日本サイズ アメリカ合衆国サイズ ヨーロッパサイズ
Sサイズ 約22.5㎝~約24.5㎝ 4.5~6 34~37
Mサイズ 約22.5㎝~約26.5㎝ 6.5~8 38~41
Lサイズ 約26.5㎝~約28.5㎝ 8.5~10 42~46
 
 
    

Thank you