スマートハウスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

住宅地で増えているスマートハウスと呼ばれる住宅があります。

1980年頃、アメリカ合衆国で提唱されるようになった住宅の考え方です。

住宅環境に新たな付加価値を加えたサービス提供を重視するようになりました。

光熱費、電気料金が節約できる事が大きな特徴です。

スマートハウス市場の普及率は、年々増加傾向です。

しかし、現時点では高価設定です。

今後の動向に注目していきましょう。

①スマートハウスについて

スマートハウスは、太陽光発電システムと蓄電池を装備した住宅です。

装備品と家庭向けの家電製品をHEMSネットワークシステムで構成されています。

ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)は、

家庭内で利用するエネルギー(家電などの消費電力です)を制御する事ができるシステムです。

具体例は家庭内の電力消費量が増加した場合に、

冷蔵庫やエアコンなどの家電製品を自動的に省エネモードに切り替える事ができます。

そして、スマートハウスは3つの特性があります。

②創エネルギーについて

創エネは、太陽光発電システムや家庭用燃料電池などを利用して、エネルギーを生み出す事です。

エネルギーの消費量を節約する事もできます。

●太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを電気に変換する発電方法です。

再生可能エネルギーの代表格です。

さらに、ソーラー発電として広く認知されています。

●家庭用燃料電池は、エネファームやエコウィルなどです。

これらの別名は家庭用燃料電池コージェネレーションです。

コージェネレーションは、熱と電力を生産する新しいエネルギー供給システムです。

ちなみに、燃料電池は燃料と酸素を反応させて電気を発生させる装置です(電気化学反応です)。

主な燃料は水素、アルコール、炭素水素などです。
ソーラーパートナーズ

③省エネルギーについて

省エネは、エネルギーの消費量を削減する事です。

●HEMS…家庭内全体のエネルギー管理システムです。

これは、電気自動車(EV)やなどの連携ができます。

電気製品の自動制御ができる事も利点です。

省エネ活動の一環として注目されています。

しかし、認知度は低い事や対応していない電化製品などが問題点です。

●スマートメーター…電力をデジタル式で計測する電力量計です。

通信機器を搭載しているので、省エネ効果が期待できます。

高圧向けや低圧向けなどの柔軟な対応があります。

さらに、ホームエネルギーマネジメントシステムと提携できます。

④蓄エネルギーについて

蓄エネは、電気を蓄える事ができる電源システムの事です。

エネルギーを貯めて、必要な時に利用できます。

●Electric Vehicle(EV)…電動モーターで動く車です。

走行中に二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない為、地球環境問題対策ができます。

内熱機関が装備されていないので、騒音対策に繋がります。

深夜電力を利用して充電すると割安で充電ができます。

昼間は電気料金が高く、夜間は電気料金が安いです。

さらに、蓄電池で溜まった電力を電気会社に売電できます。

ちなみに、深夜電力は需要が低い時間帯に電気料金を割り引きしてくれる制度です。

●家庭向け蓄電池…リチウムイオン二次電池を使用しています。

これは、リチウムイオンが正極と負極間を通じて充電や放電をします。

充放電回数があるので交換が必要になってきます。

蓄電容量、設置場所などを明確に見直す事で快適に利用できます。

 
 
    

Thank you