リサイクル産業と5Rについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

地球環境は、水の循環や動物と植物による酸素と

二酸化炭素の循環などの様々な物質循環によって成り立っています。

限られた資源を有効活用して、廃棄物を減らす事で環境保全に取り組んでいます。

そして産業化は、廃棄物を全て再資源化するゼロミッションという取り組みが進められています。

以前の消費社会は、酸素や栄養分を体内に供給する動脈が過激に発達します。

しかし、老廃物を回収する静脈機能が処理されないと適切な老廃物の回収や再利用が機能しにくいです。

今後、一度利用した資源を再利用するリサイクルを推進していく必要性が問われています。

資源循環型社会について

21世紀は、環境の世紀です。

これは、深刻な地球環境問題を招いた経済活動への反省です。

産業革命以後、化石燃料を大量消費するようになりました。

20世紀、資源浪費によって地球の物質循環バランスが崩れていきました(環境破壊です)。

ちなみに、過去50年で加速化しています。

世界規模で拡大した経済活動と技術革新によって、生活の利便性が飛躍的に向上しました。

そして人口増加、過密化、農地拡なども進行しました。

地球上のあらゆる生物の生存に関わる水資源の枯渇が懸念されています。

大量生産、大量消費、大量廃棄が、生活スタイルに大きな地殻変動を施しています。

5Rについて

5Rは、リサイクル(Recycleです)、リユース(Reuseです)、リデュース(Reduseです)、リファイン(Refineです)、

リコンバード・トゥ・エナジー(Reconvert to Energyです)の5語から成り立つ用語です。

リサイクル…再資源化です。

これは、資源を最大限に利用して廃棄物を減らす事です。

長期的な視点に転換すると環境負荷が低減していくやり方です。

技術開発によってリサイクルできる品目や用途が拡大しています。

具体例は空き缶、空き瓶、古紙などです。

リユース…再利用化です。

製品そのモノだけではなく部材の再利用も含みます。

そして再利用する際に、不具合の生じている部分の補修も必要になっていきます。

具体例は古着、古本、中古車、中古住宅、中古部品などです。

リデュース…廃棄物のダイエット化です。

これは廃棄物の発生抑制、廃棄物の減量、廃棄物の減容化です。

そして消費者は、長期的に使用できる製品や必需品などを選出して、

ゴミを減らしていく事に務めていく必要があります。

さらに排出された廃棄物は、圧縮・溶解などによって減量や減容に繋がります。

廃棄物の回収や輸送コストなどのエネルギー削減に期待できます。

今後、再生資源の価格を抑制効果があってリサイクルを円滑に進める事ができます。

回収率の向上回収資源の管理コスト削減、一般廃棄物の有料化、処分費の削減、処分場の残余年数増加などの

費用削減効果に関するエコシステムが機能します。

資源と家計が両立する事によって節約志向に導いてくれます。

リファイン…分別化や分解化です。

これは、素材ごとに分けて初めて再資源化が可能になります。

再資源化は素材ごとに行われていますが、排出される段階は様々な素材が混じります。

コストを抑える為に製品の設計段階や分解のしやすい素材などが配慮されるようになりました。

リサイクルしやすい素材、再生資源、再生部品などを利用する事ができます。

ちなみに、有害物質を使用しません。

リコンバード・トゥ・エナジー…エネルギー回収です。

これは、廃棄物をエネルギー源として有効活用します。

化石燃料を代替するエネルギー回収も拡大していきます。

廃木材や廃タイヤなどを燃料とした発電や熱利用、

食品廃棄物や下水汚泥などの有機性廃棄物をメタン発酵させて得るメタンガスを利用した発電などの

発電システムが実用化されています。

ちなみに資源の有効活用は、最終手段として利用する方法です。



リサイクル産業について

公害対策は、環境負荷低減の取り組みよりも法的規制をする為の受動的なものでした。

しかし先進国は、環境規制が厳格化されていきます。

日本は、エネルギーや鉱物資源などの多くの天然資源を輸入に頼っています。

膨大な廃棄物を多く排出しているのが現状です。

そしてリサイクルから生まれた技術は、環境改善に貢献する事ができます。

地球環境改善は、国際社会の重要なテーマです。

受動的なシステムから能動的なシステムへ転換する時代が訪れます。

 

2001年01月、循環型社会形成推進基本法が施行されました。

廃棄物の抑制、再生資源の適正な利用促進、循環利用しない廃棄物の適正処分、

天然資源の消費抑制、天然資源の環境負荷の低減などです。

そして国は、リサイクル事業者の育成、リサイクル品の率先購入や利用などに推進する方針です。

生産者側は、耐久性や再生利用性を考慮した設計責任、再利用の為のシステム設備などの責任が課されています。

消費者側は、廃棄物の発生抑制、再使用、再生利用、適正処分などを行っていきます。

これらの循環型社会はを実現する為に、生産・廃棄・排出・再資源化などが必要です。

さらに廃棄物やリサイクルに関する法律(グリーン購入法などです)が、整備されていきます。

グリーン購入法は、2001年01月に施行された再生資源を利用した製品の普及を促する法律です。

ちなみに生産者側はグリーン調達、消費者側はグルーン購入として呼ばれています。

 
 
    

Thank you