相続税がかかる財産と相続税がかからない財産について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

税金祭りの時代から学べる相続税や贈与税は、とても興味深いです。

個人所得に対して所得税が発生します。

所得税後は貯蓄、金融商品の購入、不動産の購入などの資産運用をして、財産を増やしていきます。

しかし、富の集中や不労所得を防ぐ為に相続税という財産に対して課税する税金が誕生しました。

さらに、財産を貰った時に対して課税する贈与税と呼ばれている税金のおまけが付加されました。

相続税について

相続税は、人間の志望を原因とする財産の移転に対して課せられる税金です。

申告期間や納税期間は、相続開始日から10か月以内です。

相続税は、3種類の分類に分別されます。

●相続…死亡した人が生前に贈与権を決めていないパターンです。

贈与できる人は、法定相続人です。

●遺贈…死亡した人が生前に遺言で決めていたパターンです。

贈与できる人は、第3者も可能です。

●死因贈与…死亡した人が生前に契約で決めていたパターンです。

贈与できる人は、第3者も可能です。

相続税がかかる財産と相続税がかからない財産についてです。

●本来の相続財産…相続によって取得した財産です。

具体例は動産、不動産、有価証券(株式、投資信託などです)などです。

●みなし相続財産…被相続人の志望によって財産を取得した財産です。

具体例は死亡保険金、死亡退職金などです。

相続税がかかる財産について

主な本来の相続財産についてです。

種類 具体例 評価材料
土地 田畑、宅地、山林、牧場、池沼、鉱泉地、雑種地 路線価図、固定資産税評価証明書
建物 居宅、貸家、別荘、駐車場 固定資産税評価証明書
家屋 家屋、庭園設備 特になし
家財 家具、貴金品、自動車、什器備品、 特になし
事財 商品、製品、機械品、器具部品、 特になし
株式 上場株式、その他の株式 残高証明、日本証券新聞、法人の過去3期分の決算書
公社債 公社債、その他の公社債 残高証明、日本証券新聞
預貯金 普通預金、当座預金、定期預金 通帳、残高証明
貸付金 個人、法人 契約書
預貯金 普通預金、当座預金、定期預金 通帳、残高証明

主なみなし相続財産についてです。

種類 具体例 評価材料
生命保険 死亡保険金、その他の生命保険 支払い証明書
退職金 死亡退職金、弔慰金(死者を弔いして、慰める為に贈る金銭です) 源泉徴収票

相続税がかからない財産について

主な非課税財産についてです。

種類 具体例
香典系 香典、花輪代
墓所系 死亡保険金や死亡退職金などの非課税限度額は、
500万円×法定相続人=非課税額です。
生命保険 生命保険金やその他の生命保険金などの非課税限度額は、
500万円×法定相続人=非課税額です。
公的関係 宗教、慈善、その他の公的目的事業などで規定範囲内の公的関係
寄附財産 国等に対して相続財産を相続税の申告期限までに寄附した場合の寄附財産
心身障害者 心身障害者秩養共済制度の規定範囲内の給付金の受給権

相続税が控除できる財産について

種類 具体例
債務 借入金、未払金、預り金、求償できない保証債務
葬式 お通夜費、埋葬費、火葬費、納骨費、運搬費、
枕経料、戒名料、告別式費、死体捜査、その他の費用

相続税が控除できない財産について

種類 具体例
債務 墓所、仏壇、財産関係の未払金、求償できる保証債務
葬式 法要費、香典返戻費、墓所や仏壇などの購入費、その他の特別費
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター