懐中時計について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

時刻表を見れば計画的に物事が上手くいくはずだと思っている人が多いです。

正確な時刻を確認する為に腕時計や携帯電話はとても便利なモノです。

しかし、古くからある伝統的な時計があります。

ポケットウオッチは、携帯型時計として長い歴史と利便性を象徴してきました。

アンティークな1面がある懐中時計をポケットから取り出してみましょう。

懐中時計について

懐中時計は、携帯時計です。

基本的には、ポケットなどの小物として認識されています。

手軽に持ち運べる時計として世界中で利用されてきました。

特に金属アレルギーがある人や

携帯電話・スマートフォンなどの電子機器を所持しない人に最適な時計です。

しかし腕時計の登場によって、次第に使用率が下がっていきました。

ちなみに鉄道マニアや時計コレクターなどの愛好家は、根強い人気を誇っています。

そして文字盤は、アナログ式が主流でした。

落下防止策として竜頭のフック部分を採用している事が多かったです。

ちなみに竜頭は、ねじを巻く為のつまみです。

 

主に懐中時計は、2種類に分類についてです。

機械式懐中時計…手動で竜頭を回すタイプです。

大きな特徴は、数日に1度は巻かなければ機能しません。

自動巻き機能型も存在はしていましたが、採用率が低かったです。

クォーン式懐中時計…ボタン電池によって作動するタイプです。

大きな特徴は、時間誤差になりにくいです。

日常生活での利便性は良いです。

電池は、数年に1度交換する必要があります。

電波時計を対応しているバージョンもあります。

ちなみに電波時計は、標準時計を受信して誤差を自動修正する機能がある時計です。

 

主な懐中時計の素材についてです。

ゴールド…高級感が高い素材です。

シルバー…スタンダードな素材です。

チタン…金属アレルギー向けの素材です。

主な懐中時計の種類について

ナポレオン…蓋がある懐中時計です。

【参考画像】

オープンフェイス…蓋のない懐中時計です。

【参考画像】

アンティーク…世界観がある懐中時計です。

【参考画像】

ナースウオッチ…看護師向けの懐中時計です。

【参考画像】

ハンターケース…上蓋が付いている懐中時計です。

【参考画像】

スケルトン…文字盤やケースにガラスを使用した懐中時計です。

【参考画像】

ポケットウオッチ…携帯がしやすい懐中時計です。

【参考画像】

懐中時計の歴史について

19世紀、鉄道事業者(運転士や車掌などです)が標準時間を示す時計として定期的に使用されていました。

鉄道や鉱山などで安全性や鉄道の定時運行などに利用されました。

そして鉄道会社に広告として採用された時計は、高品質な時計メーカーという知名度を得ていました。

明治時代、輸入懐中時計を鉄道会社の職員が使用していました。

1929年、精工舎製懐中時計(セイコーホールディングス株式会社の商品です)が、

初の国産懐中時計として採用されました。

戦後、高機能携帯時計である腕時計に携帯時計市場を独占的な状況に追い込まれました。

しかし、時計生産大国のスイスで根強い人気を博していました。

21世紀、携帯電話やスマートフォンの登場によって、携帯時計市場が変動が起きました。

腕時計の独占的な状況が変わり始めたきっかけです(徐々にシェアが下がっていきました)。

現在は、アンティークやコレクションとして利用されています。

高級ブランドや彫刻などの歴史を重んじる文化存在しています。

懐中時計のサイズについて

ケース…懐中時計ケースの端から端までを測った値です。

日本の主な懐中時計のサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ ケース
0S 約3.0㎝
6S 約3.5㎝
12S 約4.0㎝
16S 約4.3㎝
18S 約4.5㎝
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター