パーカーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

1年中着こなしができるパーカーは、定番ファッションアイテムです。

グレーパーカーは、安定感抜群のシンプル感が大きく表現できます。

コーディネートをする際に、

ジーンズやチノパンなどに合わせてカジュアルな服になれます。

メンズやレディースなどの豊富な種類があるので、服選びにもってこいです。

パーカーについて

パーカは、首部分の周辺に頭巾風のフードが付いている衣服です。

別名は、フード付きのスウェットシャツです。

スウェットシャツは、スウェット生地の上着です。

世間一般では、パーカーとして認知されています。

スウェット生地が普及して、カジュアルな洋服が増えました。

ちなみにスウェットは、吸湿性の高い厚手の布で作成された優れた生地です。

防寒性、吸汗性、伸縮性などがあります。

大きな特徴はフードがある事、防寒対応などです。

フード…頭部を覆い包むモノです。

そしてパーカーは、フード付きの防寒用・防風用の上着です。

防寒対応…首の根元にフードが付いていて、腹部分にポケットがあります。

 

主に2種類の代表的な生地が広く利用されています。

スウェット…吸汗性が高い素材です。

表地と裏地が重なり合っている生地です。

トレーナー風に着用できるパーカーです。

部屋着、運動着、スポーツウェアとして利用されています。

ほとんどのパーカーは、スウェット生地で使用されています。

ナイロン…防風性が高い素材です。

ナイロン樹脂を使用している生地です。

アウトドアに最適なパーカーです。

作業着、部活着、ユニフォームとして利用されています。

主なの種類について

ジップアップ…ジッパー入り(ファスナーです)のパーカーです。

【参考画像】

プルオーバー…ジッパー無しのパーカーですです。

【参考画像】

ダブルジップ…上下開けれるジッパー入り(ダブルファスナーです)のパーカーです。

【参考画像】

ノースリーブ…袖丈がないパーカーです。

【参考画像】

ボタン…ボタンがあるパーカーです。

【参考画像】

スウェット…厚みのあるパーカーです。

【参考画像】

マウンテン…登山防寒用のパーカーです。

【参考画像】

パーカーの歴史について

パーカーは、豪雪地帯に住んでいるイヌイット民族が着用していた防寒着です。

主に動物の毛皮を使用していました。

具体例はあざらし、トナカイなどです。

1980年、アウトドア用として使用され始まりました。

1990年、キレカジブームが起きて、スウェット素材のパーカーが日本で流行りました。

キレカジは、きれい系アイテムとカジュアルアイテムを合わせたファッションです。

2008年、子供用のパーカー着用事件が発生しました。

日本子供服業界団体である全日本婦人子供服工業組合連合会は、

安全対策を強化運動を開始しました。

2010年、身長120㎝未満の衣服に関しては、

上着のフード・襟首部分に引き紐を付けない事などの法改正をしました。

現在はスポーツウェア系、ストリート系(ヒップホップ用やダンス用です)が登場して、

首元にある紐のサイズを自由自在に調節できるようなタイプなどがあります。



パーカーのサイズについて

着丈…襟の付け根から裾先先端までの直線で測った値です。

身幅…両袖の付け根下を直線で測った値です。

袖丈…肩先から縫い目袖口までを直線で測った値です。

 

日本の主なパーカーのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 着丈 身幅 袖丈
XSサイズ 約57.0㎝ 約42.0㎝ 約78.0㎝
Sサイズ 約61.0㎝ 約45.0㎝ 約80.0㎝
Mサイズ 約65.0㎝ 約48.0㎝ 約82.0㎝
Lサイズ 約69.0㎝ 約51.0㎝ 約84.0㎝
XLサイズ 約74.0㎝ 約54.0㎝ 約86.0㎝
XXLサイズ 約78.0㎝ 約57.0㎝ 約88.0㎝

 

 
 
    

Thank you