ジャンパーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

落ち着いた定番のカラーが老若男女を中心に人気があるジャケットがあります。

おしゃれなデザインで構成されたジャンパーは、軽量で身動きがとりやすい上着です。

レジャーウェアや作業着などに活躍できる便利な防寒着です。

そして、無邪気なこども達に最適な子供服として使用できます。

大きいサイズを長年にわたって利用する事ができるので、季節の変わり目のコーディネートに利用できます。

ジャンパーについて

ジャンパーは、丈の短い上着です(ジャケットです)。

別名はジャンバーです。

北海道、大阪府、茨城県などでジャンバーとして呼ばれています。

ちなみにジャンパーは、和製英語です。

海外では、ブルゾンやジャケットとして呼ばれています。

アメリカ合衆国の場合はセーター、エプロン、ワンピースドレスとして用いられています。

イギリスの場合は、ニットやセーターとして用いられています。

大きな特徴は長袖、ボタン留めやファスナー式の前開き、裾や袖口にボタンやゴム編みなどが付けらています。

基本的には、体のサイズに合わなくても着用できます(作業着風の上着です)。

そして防寒機能や防水機能があります。

軽量で動きやすいジャンパーは、登山家に適しています。

 

主なジャンパー生地の原材料についてです。

コットン…吸水性が高いです。

ウール…吸湿性が高い素材です。

化学繊維…シワになりにくい素材です。

主なジャンパーの種類について

ウインドブレーカー…防寒向けのジャンパーです。

【参考画像】

ジージャン…デニム素材で使用されたジャンパーです。

【参考画像】

スウィングトップ…ゴルフ向けのジャンパーです。

【参考画像】

スタジャン…防寒向けのスタジアムジャンパーです。

【参考画像】

ダウンジャケット…防寒性能が高いジャンパーです。

【参考画像】

スカジャン…和風の刺繍入りの横須賀ジャンパーです。

【参考画像】

革ジャン…革製のジャンパーです(ライダーズスカジャンです)。

【参考画像】

ジャンパーの歴史について

ハリントンジャケットという上着が、ジャンパーの原型です。

そして元々は、作業着として日本で使用されていました。

ちなみにハリントンジャケットは、ジャケットの1種です。

さらに、デザインよりも機能性を重視したジャンパーが出現しました。

その後、デザイン性も重視されるようになって、ファッションアイテムの1つとして利用されました。

現在は、スポーツウェアや普段着などとして利用されています。



ジャンパーのサイズについて

着丈…襟の付け根から裾先先端までの直線で測った値です。

肩巾…左右の肩先の縫い目から縫い目までを直線で測った値です。

胸囲…乳房が最も膨らんでいる所から周囲を測った値です。

袖丈…肩先から縫い目袖口までを直線で測った値です。

日本の主なジャンパーのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 着丈 肩巾 胸囲 袖丈
Sサイズ 約66.0㎝ 約50.0㎝ 約122.0㎝ 約57.0㎝
Mサイズ 約68.0㎝ 約52.0㎝ 約126.0㎝ 約59.0㎝
Lサイズ 約70.0㎝ 約54.0㎝ 約130.0㎝ 約61.0㎝
LLサイズ 約72.0㎝ 約56.0㎝ 約134.0㎝ 約63.0㎝
3Lサイズ 約74.0㎝ 約58.0㎝ 約138.0㎝ 約65.0㎝

 

 
 
    

Thank you