投資銀行について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

多数の参加者が集まって一斉に行う取引である金融市場は、

売り手と書いてが一対一で交渉して値段を決めて売買します。

そして金融商品の市場取引を行う相対取引は、様々な競りで売買を成立する市場があります。

主に株式市場、債権市場、資金市場、デリバティブ市場、外国為替市場などです。

現在は、コンピュータのネットワークを通じて取引される機会が増えています。

さらに金融のグローバル化によって、

国際的な金融取引が大規模に行われている国際金融市場が展開されています。

投資銀行について

投資銀行は、超富裕層や法人向けの代用金融取引を行う金融サービスです。

主にコンサルティング業務をメインとした金融事業です。

基本的に株式の発行や社債の引き受け、M&Aの仲介などを行っています。

そしてアメリカ合衆国の投資銀行で実績をあげた社員は、莫大な報酬が得ている事で有名です。

さらに上級顧問や財務長官の出身者は、ゴールドマン・サックスが多い事で認知されています。

投資銀行出身者は、アメリカ政府の高官になりやすい傾向が高いです。

ちなみにMergers and Acquisitionsは、企業合併や企業買収です。



世界初の株式会社であるオランダ東インド会社は、投資銀行業務の基礎を築きました。

最初の株式公開企業として証券取引所に上場を果たした最初の企業です。

投資銀行の特徴について

欧米の大手投資銀行は株式の委託売買、直接の株取引、デリバティブの扱いなどを手掛けています。

総合証券会社として有名な米国企業は、ザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インク、

モルガン・スタンレー、JPモルガン・チェースなどです。

大きな特徴は、個人向けよりも企業や機関投資家向けが多いです。

ヘッジファンド(上場株式向け高運用投資ファンドです)や

プライベート・エクイティ・ファンド(未公開株向け高運用投資ファンドです)などの

助言提供も行っています。

ちなみに日本では、投資銀行業務を証券会社などが行っています。

投資銀行の業務について

①ブローカーは、委託売買業務です。

投資家から株式や債権などの金融商品の売買の注文を受けて、金融市場に取り次ぐ業務です。

 

②ディーラーは、自己売買業務です。

自らの資金と判断で株式や債権などの金融商品の売買を行う業務です。

 

③アンダーライターは、引受けや売出し取扱業務です。

企業や国が新たに発行した株式や債権などの金融商品を買い取って、市場に売り出す業務です。

 

④セリングは、募集売出し取扱業務です。

新しく発行された株式や債権などの金融商品や

既に発行されている金融商品を投資家に勧誘して販売する業務です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター