クラウンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

近年、憧れの王子様が迎えに来てくれる少女漫画が多いです。

国家を統治した権力者を表す王冠は、贅沢な宝石や存在感が漂っています。

国王が王位を示すボス的なポジションを維持する為に、様々な施策を行っていました。

特にファッションは、見た目で判断できる部分が多いので権力を行使できる威圧感もあります。

栄誉の印であるクラウンは、王様の特権です。

クラウンについて

クラウンは、西洋の冠です。

大きな特徴は、権力者が権威の象徴として頭頂部にかぶる冠です。

別名は王冠、帝冠です。

基本的に貴金属や宝石で作成されています。

ヘアバンドとして着用する事によって、王権や神権を象徴しています。

太陽の場合は金、月の場合は銀という文化がありました。

宝玉を採用した宝冠が存在しています。

英国王家は戴冠式用は聖エドアール王冠、国事用はインペリアル・ステート王冠を使用しています。

ちなみに戴冠式は、王位就任儀式です。

 

主なクラウンの素材についてです。

ゴールド…高級感がある素材です。

シルバー…権威感がある素材です。

主なクラウンの種類について

キング・クラウン…王子様向けのクラウンです。

【参考画像】

デューク・クラウン…公爵向けのクラウンです。

【参考画像】

マーカス・クラウン…侯爵向けのクラウンです。

【参考画像】


アール・クラウン…伯爵向けのクラウンです。

【参考画像】

バイカウント・クラウン…子爵向けのクラウンです。

【参考画像】

バロン・クラウン…男爵向けのクラウンです。

【参考画像】

クラウンの歴史について

古代エジプト時代、ファラオが着けていたプリケントがありました。

ローマ時代、コンスタンティヌス大帝がペルシア風の額帯を採用しました。

太陽の象徴として冠が権威の象徴化として認知されていきました。

その後、上級貴族の宝冠や正装として身分ごとに規定がありました。

正式な儀式等で宝石入りの王冠が採用されるようになっていきました。

国王や女王の戴冠式に利用されています。

現在は、王様風のイメージが根強いです。

権力を示す物差しとして多くに人々に認知されています。



クラウンのサイズについて

全長…ティアラの先端から端まで測った値です。

高さ…ティアラの高さを先端から端まで測った値です。

日本の主なクラウンのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 全長
XSサイズ 約17.0㎝ 約25.4㎝
Sサイズ 約18.5㎝ 約25.8㎝
Mサイズ 約19.0㎝ 約26.0㎝
Lサイズ 約19.5㎝ 約26.4㎝
XLサイズ 約20.0㎝ 約26.8㎝
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア