ブーツについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

おしゃれな雰囲気がある靴と快適さを追求したエレガントな履物があります。

乗馬や積雪に向いているブーツは、実用性が高い長靴です。

上品なルックスと利便性を兼ね揃えています。

見た目のバランスが良いので、コーディネートや可愛さに輝きが放ちます。

ファッション・センスは、足元から育っていきます。

ブーツについて

ブーツは、までの足やそれ以上の脚を覆うモノです。

大きな特徴は、周囲の環境から足を守る為に作成されています。

そして捻挫防止、保温性がある、裾の汚れ防止、儀礼などに期待できます。

水、砂、泥などがブーツの隙間から入り込まないように設計されています。

登山や工事などに破片や鋭い物体から足を保護する効果があります。

さらにスキー、スノボード、スケート、オートバイ、水上オートバイなどのスポーツ関連ブーツが増えていきます。

ちなみにブーツは、用途やデザインによって千差万別です。

最近は、女性向けのブーツが人気です(ファッション系です)。

具体例はハイヒール、ピンヒール、厚底靴などです。

 

日本の警察は、外勤などの活動性の良さが好評になってブーツを着用するようになりました。

制服支給の際に同時に配布されます(編上げブーツも含みます)。

アメリカの警察は、ブーツ着用が奨励されています。

具体例はオートバイ要員、騎馬警官などです。

そして軍隊の軍靴としてブーツが採用されています。

長靴…乗馬ブーツです。

半長靴…脛あたりの長さがあるブーツです。

編上靴…踝まであるレースアップ(編上げです)・ブーツです。

 

主なブーツ生地の原材料についてです。

皮革…上質性が良い素材です。

ウール…吸湿性が良い素材です。

ポリエステル…シワになりにくい素材です。

主なブーツの種類について

ショートブーツ…足首が若干隠れる丈のブーツです。

【参考画像】

ロングブーツ…膝下まで隠せる丈のブーツです。

【参考画像】

アンクルブーツ…踝が隠れる丈のブーツです。

【参考画像】

デミブーツ…踝を覆うか覆わないか程度の丈のブーツです。

【参考画像】

ハーフブーツ…下腿部の半分程度を隠せる丈のブーツです。

【参考画像】

ジョッパーブーツ…乗馬用のブーツです。

【参考画像】

ブーツの歴史について

古代時代、ゲルマン人の履物として利用されました。

日本は、軍靴として取り扱うようになりました。

第2次世界大戦、東ドイツ軍やソビエト連邦軍などで長靴が採用されました。

1960年、ミニスカートが流行して、ミニスカートに合わせて若い女性の間でロングブーツが流行りました。

女優として活動しているTwiggy Lawson(ツイッギー・ローソンです)の影響によって認知度は高くなりました。

1967年、ノキア(電気通信機器メーカーです)がゴム長靴の製造を開始しました。

1969年、アサヒゴム加工株式会社が細目長めの婦人用ゴム長靴を発売しました。

1975年、ピンクレディーやキャンディーズなどのアイドルによって、

ロングブーツをステージ衣装に取り入れ始めました。

キャンディーズは、1970年代に活躍した女性3人組アイドルグループです。

ピンクレディーは、1970年代後半に活躍したデュオアイドルです。

1978年、かねまつ商事株式会社が発売したエナメルの長靴が流行しました。

冷戦終結後、パレードや栄誉礼などの式典や行事に使用されるようになりました。

現在は、積雪地域で多く利用されています。



ブーツのサイズについて

足囲…足の親指の付け根と小指の付け根を囲って測った値です。

足幅…親指の付け根から小指の付け根までを直線で測った値です。

日本の主なブーツのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 足囲 足幅
22.0㎝ 約21.9㎝ 約9.0㎝
22.5㎝ 約22.2㎝ 約9.2㎝
23.0㎝ 約22.5㎝ 約9.3㎝
23.5㎝ 約22.8㎝ 約9.4㎝
24.0㎝ 約23.1㎝ 約9.5㎝
24.5㎝ 約23.4㎝ 約9.6㎝
25.0㎝ 約23.7㎝ 約9.8㎝
25.5㎝ 約24.0㎝ 約9.9㎝
26.0㎝ 約24.6㎝ 約10.0㎝
26.5㎝ 約24.9㎝ 約10.1㎝
27.0㎝ 約24.9㎝ 約10.3㎝
27.5㎝ 約25.2㎝ 約10.4㎝
28.0㎝ 約24.9㎝ 約10.5㎝
28.5㎝ 約25.2㎝ 約10.6㎝
 
 
    

Thank you