ユーキャン新語・流行語大賞について【2018年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2018年12月03日、2018年に話題となった新語・流行語を決定する

『2018ユーキャン新語・流行語大賞』表彰式が、東京都内で開催されました。

そして年間大賞は、平昌五輪で活躍した女子カーリングで銅メダルを獲得した

日本女子チームの掛け声で有名な『そだねー』が受賞されました。

さらに今年、広く大衆に親しまれた新語や流行語を選定して発表しました。

ユーキャン新語・流行語大賞2018について

ユーキャン新語・流行語大賞は、1984年12月01日に開始された今年の新語や流行語を決定する賞です。

主催者は株式会社自由国民社、株式会社ユーキャンなどです。

そして、1年の間に発生した様々な言葉の中で広く大衆ににぎわせた言葉を選んで、

その言葉に関連する人物や団体に表彰する賞です。

さらに選考委員は大学教授として活動している姜尚中さん、

大学教授として活動している金田一秀穂さん、女優として活動している室井滋さん、

歌人として活動している俵万智さん、漫画家として活動しているやくみつるさんです。

 

ユーキャン新語・流行語大賞2018年のトップ10についてです。

受賞名 受賞者
そだねー(年間大賞です) 一般社団法人ロコ・ソラーレ
eスポーツ 一般社団法人日本eスポーツ連合
おっさんズラブ 株式会社テレビ朝日
ご飯論法 上西充子さん、紙屋高雪さん
災害級の暑さ 気象庁
いっさんズラブ 株式会社テレビ朝日
半端ないって 受賞者辞退です。
スーパーボランティア 受賞者辞退です。
奈良判定 受賞者なしです。
ボーっと生きてんじゃねーよ! 日本放送協会
♯MeToo 私も♯MeTooと声を上げた全ての人です。



本橋麻里さんは、『大賞を取ると思っていなかったので、本当にびっくりしています、

海外で朝目覚めたみんなもびっくりすると思います、

ちょっと笑っちゃう、「私達でいいのかな?」って気持ち、

試合中は、ポジティブな言葉を発するというルールでやってきたので、

その1つの通過点として「そだねー」って言葉を皆さんに選んで頂いて、嬉しく思います、

北海道の人に聞くと「普通だよね」って言われます、カーリングを通して地元の皆さんと、

日本中の皆さんと「楽しい」という時間を過ごしたいというコンセプトでやっているので、

1試合でも多く、ロコ・ソラーレの試合だったり、

チャレンジしている事がたくさんあるので、また1つ後押しになるかなと思う、

カーリングを見て楽しいと言ってもらえるように頑張っていきたい』というコメントを寄せました。

 

金田一秀穂さんは、『「そだねー」が一押しである、何より、作られた言葉ではなく、

自然に生まれた言葉であるのに、ワザとらしさがない、当たり前の心がこもっている、

北海道アクセントの温かみがある、地についている、スポーツ選手の言葉なのに、

気合や根性とは遠く、誠実でありながら、あくまでもほんのりと優しく穏やかである、

今の日本が必要としている清潔感に満ちている』というコメントを寄せました。

 

新語や流行語は、とても重要なモノです。

私は、興味を持つ事のきっかけが1番反映されやすい事が大きな特徴だと思っています。

そもそも物語の出発点は、小さな気づきから始まるモノです。

今まで経験してこなかった事や悲しい事なども含めて言葉として表現できます。

記憶に残りやすい言語は、ほとんどの人が無意識的に使っていますよね。

単純な事をより深く学んでいくと物事がスムーズに進行しやすくなります(驚)

本橋麻里さんについて

【参考画像】

項目 主な内容
氏名 本橋麻里
生年月日 1986年06月10日
年齢 33歳です。
職種 カーリング選手です。
出身地 北海道
所属先 一般社団法人ロコ・ソラーレ

金田一秀穂さんについて

【参考画像】

項目 主な内容
氏名 金田一秀穂
生年月日 1953年05月05日
年齢 65歳です。
職種 言語学者、教授、客員教授などです。
出身地 大阪府
所属先 杏林大学
 
 
    

Thank you