🏠一人暮らしのスタートアップ🏠 〜家賃を抑える方法と節約テクニック〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

理想的な物件でオールクリアしたい物件ほど人気が高いです。

当然、家賃が高くなる傾向があります。

例えば、都会・駅近・商業施設が多い・公共施設付近などです。

家賃を安く抑える為には、優先順位が低い条件から妥協する事が必要です。

少しずつ条件を下げるだけで、選択肢が増えて広がります。

理想は高すぎると現実が厳しい事になりがちです。

家賃を抑える方法について

●物件…条件があまりよろしくない物件ほど家賃が安いです。

具体例は駅から遠い地域、築年数が古いなどです。

 

●シェア物件…個人スペースで大丈夫な人向けの物件です。

具体例は寮、シェアハウス、ルームシェアなどです。

1人で部屋を借りるよりも費用が抑えれます。

特に寂しがり屋な人も最適です。

 

●引っ越し時期…春と秋は進学や異動が多いので、引っ越し業者の繁忙期です。

基本的に繁忙期の費用は、基本料金が高い傾向になりやすいです。

時期をずらす事で、引越し費用を抑える事ができます。

 

●光熱費…日当たりの悪い物件やプロパンガス物件は避けた方が良いです。

基本的にプロパンガスは、都市ガスよりも割高です。

日当たりが悪い物件は、電気代の使用増で電気代が高くなる可能性があります。

 

●交通費…郊外の物件ほど家賃が安いです。

定期券を上手く利用する、バスよりも徒歩や自転車で通うなどの節約ができます。

基本的に家賃は、定期代込みで比較した方が良いです。

家賃を抑える事ができて、定期代も抑える事ができるからです。

なるべく交通費が重ならない立地条件を探しましょう。

 

●キッチンスペース…キッチン設備が不十分な物件は避けた方が良いです。

外食が多くなって食費が高くなりやすいです。

狭いコンロや狭いシンクの場合は、調理スペースが確保しにくいのでキッチンは使いづらく、

自炊をする機会を減らす可能性があります。



節約テクニックについて

●電気代…アンペア制を導入している物件は、基本料金を安くする事ができます。

光熱費の中で最も負担が大きくなりやすいです。

アンペア数は、同時に使用できる家電の量です。

そしてエアコンの暖房(温度を上げ過ぎないように注意します)、

炊飯器の保温機能(なるべく使用しないようにする)、

給湯器の待機電力(使用する時だけ利用します)などが節約できます。

物件契約のアンペアは、10A(アンペアです)〜60A程度まで選べます。

ちなみに一人暮らしの場合は、30Aが多いです。

特に持っている家電が少ない人や電気をあまり使用していない人は、

契約の変更を検討してみましょう。

 

●ガス代…夏よりもお湯を使用する冬の方が料金が高くなりやすいです。

シャワーのお湯は、水だけを使用するよりも3倍程度高くなる可能性があります。

そして15分程度利用すると、浴槽に1杯お湯を溜めるのと同様な料金になります。

ちなみにシャワーヘッドに切り替える事で、出る水の量を削減する事ができます。

最大で40%程度の節水が期待できます。

出しっ放しや付けっ放しにしないようにすると良いです(お湯の使い方次第で値段が変わります)。

 

●水道代…シャワーが多い人は、冬よりも夏の方が料金が高くなりやすいです。

トイレの節水(大レバーよりも小レバーを使用する)、

洗面所の節水(洗顔や歯磨き時は溜め水を利用すると良いです)などの節約ができます。

ちなみに、浴室の残り湯を利用すると節水に繋がります。

 

●通信費…料金プランを見直す事で節約できます(通話料を含まないプランなどです)。

具体例は格安SIM、格安スマホ、Wi-Fiスポットなどです。

スマホ利用者は、無料通話ができるアプリを利用すると良いです(Lineなどです)。

無料Wi-Fiが使用できる物件や施設を活用すると節約効果が期待できます。

 

●冷蔵庫…電気使用量が高い家電1位です。

季節によって設定温度を調整する(夏は強、冬は弱です)、

壁や家具から離して設置する(内部の熱を放出しやすくする為です)、

冷蔵庫内の食材を詰め込みし過ぎない(冷気を循環しやすくする為です)などの節電ができます。

基本的に24時間電力を稼働する冷蔵庫は、直冷式を避けます。

直冷式冷蔵庫は、庫内の冷却器に霜が付着してメンテナンスの度に電源を切り替える必要があります。

霜取りの手間を省くファン式が節電に繋がります。

そして、余裕がある2ドア式の冷蔵庫が良いです(食材が入りやすいからです)。

ちなみに直冷式冷蔵庫は、霜を溶かすのに半日以上かかります。

 

●照明器具…電気使用量が高い家電2位です。

白熱電球よりもLEDは1/8程度〜1/10程度・蛍光灯は1/5程度の消費電力で済みます。

基本的にLEDや蛍光灯は、購入費は高いですが長持ちしやすいので良いです。

 

●テレビ…電気使用量が高い家電3位です。

液晶テレビの場合は、バックライトの明るさを調整すると節電に繋がります。

少し暗めの設定をする事で、消費電力を削減できます。

画面が小さいサイズの方が節約できます。

 

●食費…外食よりも自炊の方が食費を削減できます。

外食メニューは、人件費や材料費などがあるので割高に設定される事が多いです。

基本的に外食産業は、夜の方が金額が高く設定している事が多いです。

お得な朝食やランチをしっかり食べると、予算を抑える事ができます。

 

●日用品…洗剤類や消耗品は詰め替えタイプの方がお得です(容器分が浮くからです)。

トイレットペーパーは、2枚重なったダブルよりも1枚だけのシングルの方が良いです

(ロールの長さは両方とも同じです)。

そして、ティッシュよりもペーパーナプキンの方がお得です。

ちなみにお茶は、ペットボトルよりも茶葉の方が良いです(自分でパック詰めをして沸かします)。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター