【定期テスト対策】圧力・気圧・大気圧・浮力・水圧・アルキメデスの法則【高校入試】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

圧力と気圧について

圧力は、面を押す力の働きの大小を比較するモノです。

単位はN/m²(ニュートン毎平方メートルです)、Pa(パスカルです)です。

公式は、N/m²=N(面を垂直に押す力です)×m²(力を受ける面積です)です。

押す力が大きい程・押す面積が小さい程、押す働きは大きいです。

①面積は一定、力が強い程へこみが深いです。

②押す力は一定、面積が小さい程へこみが深いです。

ちなみに、1N/m²=1Paです。

全圧力…面全体に加わる力です。

公式は、N=N/m²(圧力です)×m²(圧力を受ける力です)です。

気圧…気体の圧力です。

大気圧…空気の重さによる圧力です。

標高が高くなるほど小さくなります。

単位はN/m²、hPa(ヘクトパスカルです)です。

海面は約101300N/m²です。

ちなみに、1気圧=約101300N/m²又は10130Paです。

1hPa=100Paです。



浮力と水圧について

浮力…水の圧力の合力です。

そして、水中で物体が液体から受ける上向きの力です。

公式は、空気中の物体の重さ-水中の物体の重さです。

さらに、左右の面から受ける圧力は互いに打ち消しされますが、

上面と下面から受ける圧力の大きさは下面の方が大きいです。

アルキメデスの法則…水中にある物体が受ける大きさは、

物体の押し退けた体積分の水の重さに等しいです。

水圧…水の圧力です。

水の圧力の大きさは、水の深さに比例します。

ちなみに、1m²=1000Nです。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  

この記事を読んだ後に読まれている記事

 

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア