【キャッシュレス決済】スマホ決済の支払い方法【初心者講座〜上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

以前は、クレジットカードに代表されるプラスチック系のカードが主流でした。

しかし最近は、スマートフォンを利用するスマホ決済が急速に復旧しています。

そしてクレカやプリペイとカードなどは、用途に応じて複数枚を持ち歩く必要がありました。

たくさんのカードでお財布がいっぱいになって困っている人が多いです。

スマホ決済の場合は、利用したい決済サービスのアプリをスマホやタブレットなどに

ダウンロードをしておくと、1台あれば事足ります。

スマホ決済の支払い方法について

スマホ決済は、多機能型携帯電話を利用した決済手段です。

そして急激に利用者を増やしているQRコード決済が有名です。

QRコード決済は、利用者がスマートフォンから決済で利用したい専用アプリを

ダウンロードして支払いの際に起動して使えます。

 

主なスマホ決済の方法について

①店舗提示・利用者読み取り型…店舗に貼られている印刷物のQRコードを、

利用者が専用アプリのスマホカメラなどで読み取って決済するタイプです。

そして利用者はQRコードを読み取って、アプリ画面に決済金額を入力します。

店舗側は金額を確認して、利用者が支払いボタンを押す事で決済が完了です。

ちなみに店舗側は、専用端末が不要で費用や手軽さなどの

中小企業や移動販売などで利用されやすいです。

●静的コード…印刷物のQRコードです。

●動的コード…タブレットやスマホなどの端末に提示したQRコードです。

 

②利用者提示・店舗読み取り型…利用者が専用アプリ上でQRコードやバーコードを表示して、

店舗側の端末で読み取って決済するタイプです。

店舗側に画像認識の為の端末が必要です。

基本的には大型店舗や全国チェーン店などで導入される事が多いです。

特にPOPレジなどを導入している店舗は、QRコードやバーコードが表示されます。



スマホ決済の支払いタイミングについて

①前払い…商品の購入・サービスの提供を受ける時点より前に支払うパターンです。

別名は、プリペイドです。

あらかじめ現金や銀行口座などから入金(チャージです)して、

購入の際に前払い金から購入金額を支払います。

ちなみに主な使用例は、プリペイトカードです。

 

②即時払い…購入時点で銀行口座から即時に引き落とされて支払うパターンです。

別名は、デビットです。

ちなみに主な使用例は、デビットカードです。

 

③後払い…購入時にカード利用限度額を確認した上で後から支払うパターンです。

別名は、ポストペイです。

ちなみに主な使用例は、クレジットカードです。

スマホ決済の支払い形式について

①カード類

●磁気カード…1部のクレジットカードで利用されています。

●接触ICカード…キャッシュカードやクレジットカードなどに利用されています。

●非接触ICカード…交通向けや流通向けの電子マネーカードで利用されています。

 

②スマホ決済

●QRコード…スマートフォンやタブレットなどに利用されています。

●非接触IC…スマホ向けやカード向けの電子マネー決済などで利用されています。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター