市川海老蔵さんと小林麻央さんの愛のメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

フリーアナウンサーとして活躍されていた小林麻央さんが、

2017年06月22日にお亡くなりになられました。

乳がんの闘病生活を送っていた彼女が愛しているというお言葉を告げて旅立たれました。

夫の市川海老蔵さんが東京都で会見を行いました。

彼が奇跡を信じて、必ず治ると深く信じていました。

ゴールの見えない赤い糸が物語っています。

①小林麻央さんと市川海老蔵さんについて

★小林麻央さんについて

【参考画像】

氏名:小林麻央です。

生年月日:1982年07月21日です。

年齢:満34歳です。

職種:フリーアナウンサー、キャストです。

出身地:新潟県です。

所属先:セント・フォースです。

夫:市川海老蔵さんです。

姉:小林麻耶さんです。

★十一代目市川海老蔵さんについて

【参考画像】

氏名:堀越寶世です。

生年月日:1977年12月06日です。

年齢:39歳です。

職種:歌舞伎役者、俳優です。

出身地:東京都です。

代数:11代目です。

屋号:成田屋です。

妻:小林麻央さんです。


②愛のメッセージについて

運命な出会いから人情が溢れだす生活へ。

2010年01月29日、市川海老蔵さんと小林麻央さんが婚約発表会見を行いました。

そして、03月03日には婚姻届けを提出して新しい物語が始まります。

2011年07月25日、第一子の長女を出産して、新しい家族が増えました。

2013年03月22日、第二子の長男を出産して、幸せの家庭が一層深まりました。

しかし、2016年06月09日に市川海老蔵さんが記者会見時に妻の小林麻央さんが乳がんを患っている事が判明しました。

その後、闘病生活が始まり、2016年09月01日よりブログを開設しました。

そのブログはは、2017年06月20日まで更新をして多くのファンにご自身の気持ちを伝えていました。

現実を受け止められない事態が起きました。

2017年06月22日、ご自宅で死去された事が公表されました。

小林家の親族、市川海老蔵さんなどに看取られながら最後のメッセージを残して他界しました。

市川海老蔵さんのお言葉から『人生で一番泣いた日です』というメッセージが添えられています。

役者としての人生に大きなシーンが起きてしまいました。

小林麻央さんの愛のメッセージは、『愛している』という心身から芽生えた愛情がにじみ出ています。

2017年07月03日から開始される七月大歌舞伎と夏休みに計画していた事を含めて、

家族との幸せな絆は一生消える事はないです。

麻央さんは7月3日から行われる「七月大歌舞伎」に出演する勸玄くんの晴れ姿を見ることを最大の目標にしていた。

私は、病弱な状況下にも関わらずに必死で生きていく志に感銘されました。

愛する事は決して燃え尽きてしまう事がないようにしていきたいと改めて感じました。

懸命に支えていく優しさを大事にしたいと思いました。

思いやり、愛情、勇気、笑顔を大切にしていきます。

 
 
    

Thank you