乃木坂46の高山一実さんが2nd写真集発売記念イベント【独白】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2019年02月27日、アイドルグループ『乃木坂46』に所属している高山一実さんが、

東京都内にある福家書店新宿サブナード店で

2枚目の写真集『独白』発売記念イベントが行われました。

さらに乃木坂46は、2011年08月21日に結成したアイドルグループです。

総合プロデューサーは、作詞家として活動している秋元康さんです。

乃木坂46の高山一実さんが2nd写真集発売記念イベントについて

独白は、2018年02月26日に発売された2nd写真集です。

撮影場所は、フィンランドのヘルシンキです。

そしてヘルシンキを選んだ理由は、

書店でロケに行った際に小道具として手に取ったヘルシンキの雑貨の書籍を見て以来、訪問する事を熱望しました。

撮影期間は、6日間です。

ちなみにお気に入りのショットは、サウナ上がりの格好で湖を眺める写真です。

さらに初の小説『トラペジウム』が、2018年11月30日に発売しました。

発行部数20万部を突破して大ヒット記録を達成しました。

 

高山一実さんは、『千葉は大好きなんですけど、海外旅行も大好きなので、別のラブなんですね、

ヘルシンキにはずっと恋をしていて、千葉は家族愛みたいな感じだったので、今回は恋が実った感じですね、

ずっと憧れていた場所で、一生のうちに1度は行きたいなと思っていたので、

ただただ幸せでした、サーモンが本当に大好きで、毎食、サーモンでした、

同じ土俵で戦わないという思いを描いたのが「トラペジウム」、

昔から人と比較する事はしてこなかった、できる事は何でもやらなきゃと思って、

むくみ防止の為に超苦手なセロリジュースを飲んで対策してきました、



以前に書店で撮影した時に、たまたま手に取ったのがフィンランドの雑貨の本で、

それ以来ずっと憧れていました、幸せな思い出ばかりで一生の宝物になりました、

本心は文章の方が伝えやすいけれど、私は歌って踊るアイドルのお仕事も大好きなので、

乃木坂46にいる限りは両方で伝えていきたい、好きな言葉は克己心、

メンバーの事は尊敬しているし、同じ土俵に立つというよりは、誰も挑戦していない事をやって、

人に勝つよりも、自分に勝ちたい、おこがましいなぁ、おこがましい、おこがましいから・・・、

でもベストを尽くしたので、知っている数字で1番大きい、京・・・、でも、

おこがましいから100点?、でも、文章でも伝えたいです(笑)』というコメントを寄せました。

 

アイドルと小説家という2足の草鞋デビューをして、期待の乃木坂46メンバーだと私は思いました。

そして2015年03月に千葉県南房総市の観光大使に就任、今後の執筆業の注目が集まっています。

乃木坂46No.1美脚として評価されている事もあるので、美容ジャンルで飛躍すると考えれています。

ちょっと旅行でもして気分転換もありだと感じさせられました(笑)

もっとLOVEを増やしていきたいと思っていますーー

高山一実さんについて

【参考画像】

項目 主な内容
氏名 高山一実
生年月日 1994年02月08日
年齢 24歳です。
職業 アイドル、乃木坂46メンバーなどです。
出身地 千葉県
所属先 乃木坂46合同会社
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

  

この記事を読んだ後に読まれている記事

 

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す