【就活】卸売【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

卸売業者は、収益環境の厳しさが年々増しています。

メーカーと小売業の架け橋だけではなく、小売業者向けの魅力的な商品や営業提案を行ったり、

自社PB(プライベート・ブランドです)の商品開発を強化するなどの

利益率を高める行動が目立ちます。

そして、データ処理などの定型作業を自動化する

RPA(ロボティックス・プロセス・オートメーションです)の活用に特化し始めています。

さらに各社が、別々に運ぶよりも1台当たりの積載率が高めたコストダウンが

実現できる共同配送が行われています。

ちなみに共同配送は、異なるメーカーや卸の商品を同じトラックなどに載せて運ぶ事です。

卸売について

卸売産業は、成長率が高いです。

そして卸は、製造業(メーカーです)から商品を仕入れて、

小売業者に商品を販売する業態です(中間流通業です)。

大きな特徴は、商品を効率的に運搬して仕分けたり、決済機能を担って居ます。

さらに最近は、ドライバー不足が深刻化しています。

ちなみに生鮮食品以外の商品は、問屋として親しまれています。

 

2018年度の卸売業界全体の売上高は、50兆円を超えました(2年連続です)。

ちなみに、前年比4.2%増です)

しかし、人手不足による物流コストの高騰が問題視されています。

配送トラックを十分に確保できていない事や計画通りに商品を配送できない事例も増えています。

店舗への配送頻度を減らす動きも目立っています。

最近は、仕分け作業をロボットで自動化する

IT(情報技術です)を活用した効率化が促進されています。

 

多くのメーカー取引を行うので、食品卸は

プライベートブランドの開発に強化しています。

食品よりも日用雑貨や医薬品などの卸売が大手企業への集約が進行しています。

ちなみにPBは、卸売業者が独自ブランドで販売する商品です。

 

2011年、日本アクセスを中心とした伊藤忠商事系列食品4社の経営統合をしました。

2016年、国分が丸紅と包括提携をしました。

2019年、伊藤忠商事が日本アクセスを完全子会社化しました。



国内の総合卸売について

①三菱食品は、卸売最大手企業です。

売上高は、2兆6203億円です。

営業利益は、167億円です。

三菱商事の子会社です。

 

②日本アクセスは、卸売第2位大手企業です。

売上高は、2兆1319億円です。

営業利益は、191億円です。

あらた、アルフレッサホールディングスと業務提携しています。

伊藤忠商事の子会社です。

 

③国分グループ本社は、卸売第3位大手企業です。

売上高は、1兆8857億円です。

営業利益は、86億円です。

店舗数は、1万6430店です。

三井食品、東邦ホールディングス、大木ヘルスケアホールディングスと業務提携をしています。

山星屋と包括提携をしています。

 

④加藤産業は、卸売第4位大手企業です。

売上高は、1兆90億円です。

営業利益は、101億円です。

 

⑤三井食品は、卸売第5位大手企業です。

売上高は、8199億円です。

営業利益は、32億円です。

三井物産の子会社です。

 

⑥日本出版販売は、出版流通最大手企業です。

売上高は、5457億円です。

営業利益は、10億円です。

 

⑦トーハンは、出版流通第2位大手企業です。

売上高は、4166億円です。

営業利益は、38億円です。

 

⑧日本酒類販売は、酒類卸売大手企業です。

売上高は、5501億円です。

営業利益は、37億円です。

 

⑨山星屋は、菓子卸売大手企業です。

売上高は、2645億円です。

丸紅の子会社です。

 

⑩トモシアホールディングスは、卸売大手企業です。

売上高は、7182億円です。

2013年01月、旭食品と丸大堀内とカナカンは経営統合しました。

国内の医薬品卸売について

①メディパルホールディングスは、医薬品卸売最大手企業です。

売上高は、3兆1819億円です。

営業利益は、498億円です。

三菱商事と包括提携をしました。

 

②アルフレッサホールディングスは、医薬品卸売第2位大手企業です。

売上高は、2兆6405億円です。

営業利益は、447億円です。

 

③スズケンは、医薬品卸売第3位大手企業です。

売上高は、2兆1323億円です。

営業利益は、272億円です。

東邦ホールディングスと業務提携をしました。

 

④東邦ホールディングスは、医薬品卸売第4位大手企業です。

売上高は、1兆2221億円です。

営業利益は、157億円です。

地方卸売業者と提携をして、販路を拡大しています。

 

⑤バイタルケーエスケー・ホールディングスは、医薬品卸売第5位大手企業です。

売上高は、5597億円です。

営業利益は、28億円です。

東北地方、近畿地方に特化しています。

 

⑥大木ヘルスケアホールディングスは、大衆向け卸売大手企業です。

売上高は、2584億円です。

営業利益は、20億円です。

国内の日用品卸売について

①PALTACは、日用雑貨卸売最大手企業です。

売上高は、1兆152億円です。

営業利益は、253億円です。

メディパルホールディングスの子会社です。

 

②あらたは、日用雑貨卸売第2位大手企業です。

売上高は、7544億円です。

営業利益は、88億円です。

 

③CBグループマネジメントは、日用雑貨卸売大手企業です。

売上高は、1458億円です。

営業利益は、9億円です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター