【就活】靴【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2011年03月11日、東日本大震災が起きました。

津波や暴風による災害の影響で、自転車通勤をする人が増加しました。

その後、ファッションのカジュアル化が進行してスニーカーブームが始まりました。

現代は、実店舗とインターネットを融合した形態が目立ってきました。

さらに、スポーツ需要やスポーツウエアを普段着として

活用するアスレジャーなどの人気が健在です。

靴について

靴産業は、成長率がまずまずです。

主に靴専門店は、ナショナルブランド(NBです)が多いです。

最近は、プライベートブランド(PBです)が増えています。

しかし、スニーカーブームで婦人服が苦戦中です。

百貨店や商業施設と組み合わせたリアル店舗も強化しています。

ちなみにNBは、メーカーが商品に付けたブランドの事です。

PBは、小売業者が独自に開発したブランドの事です。

 

2018年度の靴国内市場規模は、5000億円を超えています。

少子高齢化によって、市場規模が横ばいになっています。

そして、競争激化やカジュアル衣料品の需要も大きいです。

1970年〜1990年までは、靴市場が伸び続けていました(1990年代がピークです)。

しかし、1995年から2007年までの靴市場は低下をし続けています。

さらに2007年〜2015年までは、増加傾向です。

2016年〜2018年までは、横ばいです。

 

1970年、ロングブーツが流行しました。

1980年、デッキシューズが流行しました。

1990年、アウトドアブーツが流行しました。

1995年、ハイテクスニーカーが流行しました。

2005年、クールビズによるメンズシューズが人気になりました。

2010年、トーニングシューズが流行しました(登山靴が人気です)。

ハイテクスニーカーが再熱です

2015年、コラボシューズが流行しました。



国内の靴について

①エービーシー・マートは、靴最大手企業です。

売上高は、2667億円です。

営業利益は、439億円です。

店舗数は、987店です。

ABCマートを運営しています。

スポーツブランドに特化しています。

 

②チヨダは、靴第2位大手企業です。

売上高は、1185億円です。

営業利益は、16億円です。

店舗数は、1047店です。

東京靴流通センターを運営しています。

郊外に特化しています。

 

③ジーフットは、靴第3位大手企業です。

売上高は、950億円です。

営業利益は、3億円です。

店舗数は、896店です。

アスビーで有名です。

イオングループの子会社です。

 

④リーガルコーポレーションは、靴大手企業です。

売上高は、329億円です。

営業利益は、8億円です。

店舗数は、128店です。

リーガルで有名です。

卸業に特化しています。

 

⑤ヒラキは、靴通販サイト大手企業です。

売上高は、168億円です。

営業利益は、8億円です。

格安靴や海外生産に特化しています。

 

⑥ダイアナは、婦人服専門店最大手企業です。

売上高は、157億円です。

店舗数は、103店です。

 

⑦ロコンドは、靴通販サイト大手企業です。

売上高は、67億円です。

営業利益は、-9億円です。

靴や衣料品に特化しています。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター