【就活】眼鏡【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ファッション性の高い眼鏡や機能性が高いメガネの需要が伸びています。

そしてアプリと連携して、手軽に眼鏡を購入できる仕組みも確立化されてきています。

さらに、直接販売方式のDtoC型も目立ってきています。

ダイレクト・トゥ・コンシューマーは、メーカーが直接販売するスタイルです。

特に仲介業者や店舗販売よりも効率が良い仕組みです。

ちなみに機能性眼鏡は、ランニング向けや花粉カット向けなどの専門分野に特化した眼鏡です。

眼鏡について

眼鏡産業は、成長率がまずまずです。

そしてメガネ専門店は、ブルーライトカットレンズによる機能性眼鏡が多く、

高級感があるフレームなどの取り扱いなどを強化しています。

最近は、在庫を置かないサンプル品の身を展示するタイプも目立っています。

 

2018年度の眼鏡国内市場規模は、5000億円を超えています(最近は、横ばい成長です)。

主に単価の下落で市場が縮小傾向です。

主に眼鏡レンズ、眼鏡フレーム、サングラス、老眼鏡などの眼鏡関連です。

さらに、1人で複数の眼鏡を所持する傾向が増加しています。



国内の眼鏡について

①メガネトップは、眼鏡最大手企業です。

売上高は、724億円です。

店舗数は、954店です。

眼鏡市場やALOOKを運営しています。

 

②三城ホールディングスは、眼鏡第2位大手企業です。

売上高は、496億円です。

営業利益は、1億円です。

店舗数は、741店です。

眼鏡の三城やパリミキを運営しています。

 

③ジンズホールディングスは、眼鏡第3位大手企業です。

売上高は、548億円です。

営業利益は、60億円です。

店舗数は、483店です。

JINSで有名です。

パソコン向け眼鏡に特化しています。

 

④インターメスティックは、眼鏡第4位大手企業です。

売上高は、287億円です。

店舗数は、268店です。

Zoffで有名です。

若者に特化しています。

 

⑤ビジョナリーホールディングスは、眼鏡第5位大手企業です。

売上高は、264億円です。

営業利益は、9億円です。

店舗数は、398店です。

メガネスーパーで有名です。

 

⑥愛眼は、眼鏡大手企業です。

売上高は、162億円です。

営業利益は、2億円です。

全国展開に特化しています。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター