【就活】航空機器【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

LCC(格安航空会社です)の増加によって、航空機や航空向け部品の需要が拡大しています。

そして、特定の地域間を移動するリージョナルジェットは、北米市場に強いです。

しかし、陥落事故問題の余白が残っているので、業界再編が加速しています。

さらに、2040年までに新興国を中心とした航空機の成長見込みが高いです。

ちなみにリージョナルジェットは、100席以下の小型機です。

航空機器について

航空機器産業は、成長率がまずまずです。

胴体や主翼などの制御機器や内装品などを生産しています。

民間ジェット機の開発、ビジネスジェットの開発が多いです。

今後は、燃費性能や部品の効率化などが重視されていきます。

航空機について

①三菱重工業は、国内最大手企業です。

売上高は、6775億円です。

営業利益は、-374億円です。

 

②SUBARUは、中央翼大手企業です。

売上高は、1324億円です。

営業利益は、60億円です。

 

③川崎重工業は、航空機大手企業です。

売上高は、4760億円です。

営業利益は、326億円です。

 

④三菱航空機は、国産旅客機大手企業です。



⑤ボーイングは、航空機世界大手企業です。

売上高は、10兆1100億円です。

 

⑥エアバスは、民間航空機世界大手企業です。

売上高は、6兆3700億円です。

 

⑦中国商用飛機は、中国ジェット機大手企業です。

 

⑧スホーイは、戦闘機大手企業です。

航空機向け部品について

①ユナイテッド・テクノロージズは、航空・機械世界最大手企業です。

 

②レイセオンは、防衛世界大手企業です。

航空機向けエンジンについて

①ゼネラル・エレクトリックは、航空機エンジン世界最大手企業です。

 

②プラット&ホイットニーは、航空機エンジン世界大手企業です。

 

③ロールス・ロイスは、航空機エンジン世界大手企業です。

 

④IHIは、航空機エンジン開発・保守大手企業です。

売上高は、4922億円です。

営業利益は、464億円です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター