【定期テスト対策】関係代名詞・先行詞・接触節・主格・所有格・目的格【高校入試】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

関係代名詞について

関係代名詞は、名詞の後ろから情報を捕捉する語句を表す表現です(先行詞を修飾します)。

大きな特徴は、同じ人やモノを表す語を含む2文がある時に

関係代名詞を使用して1文にする事ができます。

ちなみに、主語や目的語として利用する事ができます。

そして先行詞は、関係代名詞によって2文を接続する際の対象となる単語です

(名詞や代名詞が多いです)。

先行詞が最初の分にある場合は、関係代名詞の節もその後に続きます。

関係代名詞の種類について

who…先行詞が人を表す場合に使用します。

which…先行詞が人以外を表す場合に使用します。



●that…先行詞が人や人以外を表す場合に使用します。

基本的に限定的な表現に対して利用される事が多いです。

具体例は、the+最上級などです。

●接触節…関係代名詞の省略形です。

採用率が高いパターンは、名詞+S(主語です)+V(動詞です)~です。

ちなみに接触節は、『S+V~』を表しています。

関係代名詞の格について

who、which、that…主格を表します。

whose…所有格を表します。

thatは、所有格がありません(whoとwhichの所有格はwhoseです)。

which、that…目的格を表します。

基本的に省略される事が多いです。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

  

この記事を読んだ後に読まれている記事

 

Thank you