地上デジタル放送・BS放送・CS放送の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

テレビ放送は、色んな種類のチャンネルが存在します。

チャンネルの内容、料金の有無、チャンネルの傾向などがあります。

各放送形態によっては、特徴が違います。

地上デジタル放送、BS放送、CS放送などは、

大きく差別化される部分があります。

①地上デジタル放送の特徴について

地上デジタル放送やアナログ放送は、基本的には視聴料金が発生しません。

しかし、NHK(日本放送協会です)は受信料金契約が必要です。

番組内容は、幅広い層に向けた多種多様な番組作りがされていて、

時間帯に応じたバラエティ要素のある構成がされています。

②BSデジタル放送の特徴について

BS放送は、日本の在京キー局(TBS、日本テレビ、テレビ朝日、テレビ東京、フジテレビです)が、

BS用にそれぞれのチャンネルを所持しています。

これらは、地上デジタル放送やアナログ放送と同様に視聴料金が発生しません。

しかし、NHK BSは受信料金契約が必要です。

ちなみに、在京キー局は民放放送局の系列ネットワークの中心となる局です。

その他には、BS11デジタル、トゥエルビなどがあります。

これらも無料で放送されています。

●BS11デジタル(BSイレブン)…2007年12月01日に開始しました、

日本ビーエス放送が開始したBSデジタル放送のチャンネルです。

●Twellv(BS12 トゥエルビ)…2007年12月01日に開始しました、

ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社が運営しているBSデジタル放送局です。

さらに、BSデジタルではWOWOWやスター・チャンネルなどの有料放送もあります。

●WOWOW…有料衛星放送チャンネルです。

株式会社WOWOWが運営しています。

1991年04月01日に開始しました。

●スター・チャンネル…BSやCSの放送局です。

株式会社スター・チャンネルが運営しています。

2000年12月01日に開始しました。

これらはスポーツの生中継、音楽アーティストの独占ライブ、

映画の先行テレビ放映などの独自性が高い番組構成がされています。



③CSデジタル放送の特徴について

CS放送は時代劇専門チャンネル、

アニメ専門チャンネルなどの独自性と専門性が高い番組構成をされています。

基本的には、通販番組、プロモーション番組は無料で放送されています。

ほとんどの専門チャンネルは、有料放送です。

CSデジタル放送は、単独で加入した場合は契約料と月額料金が発生しますが、

ケーブルテレビなどで視聴する場合は別個でお支払う事がありません。

そして、一部の有料番組は既にケーブルテレビの基本料金に含まれている場合が多いです。

④スカパー!について

スカパー!は、日本最大の有料多チャンネルデジタル衛星放送です。

ちなみに、スカパーJSATグループ各社が運営しています。

スカパーは、3種類のサービスがあります。

●スカパー!…手軽に始まられるスタンダードなサービスです。

全69チャンネルです。

アンテナは、110度CS対応BSアンテナです。

必要機器はB-CASカード済みのデジタルテレビやレコーダー、110度CS対応BSアンテナです。

●プレミアムサービス…こだわりのチャンネルが視聴できるサービスです。

ちなみに、全160チャンネルです。

アンテナは、BS対応スカパー!アンテナです。

必要機器はデジタルテレビ、プレミアムサービス対応のチューナー、

BS対応スカパー!アンテナです。

●プレミアムサービス光…アンテナ設置が不要なサービスです。

全156チャンネルです。

アンテナは、必要がありません。

必要機器はデジタルテレビ、プレミアムサービス光対応のチューナー、

フレッツ・テレビです。

 
 
    

Thank you