日本映画作品別興行収入ランキング【2019年上半期】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2019年08月17日、日本映画作品別興行収入ランキングが、

株式会社文化通信社を通じて発表されました。

そして、人気シリーズ『名探偵コナン』第23弾である

『名探偵コナン 紺青の拳』が第1位に輝きました。

さらに名探偵コナンシリーズは、2016年04月16日に放映された

『名探偵コナン 純黒の悪魔』以来の4年連続で上半期No.1を獲得しました。

ちなみに名探偵コナンは、漫画家として活動している青山剛昌さんの作品です。

日本映画作品別興行収入ランキング【2019年上半期】について

名探偵コナン 紺青の拳は、2019年04月12日に放映されました。

そして初週土日成績は、動員数が114万5000人を突破して

興行収入14億6400万円を記録しました。

2年連続で初登場・動員100万人を超えて、9週連続のベスト10入りを果たしました。

さらに、定番アニメーション作品の底力が健在です。

人気アニメであるドラえもん、クレヨンしんちゃん、ドラゴンボールなどが含んだ

上位10作品はアニメ作品が04本、実写作品が06本です。

ちなみに上位10作品の配給会社は東宝株式会社が06本(共同配給を含めると07本です)、

東映株式会社が02本、松竹株式会社が01本、

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが1本(東方との共同配給です)です。



順位 作品名 興行収入
第1位 名探偵コナン 紺青の拳 91億円超
第2位 キングダム 57億円超
第3位 映画ドラえもん のび太の月面探査記 50億円超
第4位 マスカレード・ホテル 46億円超
第5位 ドラゴンボール超 ブロリー 40億円超
第6位 翔んで埼玉 38億円超
第7位 コンフィデンスマンJP 30億円超
第8位 七つの会議 22億円超
第9位 映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたヒロシ〜 21億円超
第10位 ザ・ファブル 18億円超

私は、日本アニメがリアルとバーチャールを行き来していると思っています。

実写作品が好調を記録して、テレビ局各社が製作に関与している事も大きいです。

大ヒットを更新しているキングダム、ザ・ファブルも幅広い世代に認知されてきています。

ヒットの大きな要因は、口コミです。

作品の細部に浸透している評価の高さが、興行を後押しして映画産業を元気付けました。

名探偵コナン 紺青の拳について

【参考画像】

項目 主な内容
タイトル名 名探偵コナン 紺青の拳
放映年月日 2019年04月12日
キャッチコピー Never let you go… “もう決して、あなたを離しませんー”、
真実VS奇術VS蹴撃 雌雄を決する三位一体バトルミステリー
監督 永岡智佳さん
原作者 青山剛昌さん
放映地 日本
配給 東宝株式会社
製作会社先 株式会社小学館、テレビ朝日放送網株式会社、讀賣テレビ放送網株式会社
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター