【キャッシュレス決済】スマホ決済の基礎知識【初心者講座〜上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

日本政府は、キャッシュレス化を推進政策を開始しています。

2019年10月01日、消費税の税率が08%(パーセントです)から10%に変更しました。

そして、中小企業や小規模事業者によるキャッシュレス手段を利用した

ポイント還元を支援していきます。

さらに国家予算を使用して、日本のキャッシュレス社会へ大きな投資をし続けています。

ちなみにキャッシュレスは、現金を介さない決済方法です。

スマホ決済の基礎知識について

スマホ決済は、スマートフォンを利用した支払手段です。

2019年10月01日〜2020年06月30日まで、利用者がキャッシュレス決済を利用した際に、

中小企業や小規模の小売店・サービス業・飲食店などで支払った場合、

決済金額の1部が利用者に還元されます。

そして利用者への還元率は、原則5%です。

大企業フランチャイズチェーン傘下の中小企業や小規模事業者の店舗の場合は、

還元率が原則2%です。

ちなみに主な対象決済手段はクレジットカード、QRコード、

電子マネー、デビットカードなどです。

 

中小企業や小規模事業者は、導入後に決済事業者に支払う

加盟店手数料(3.25%以下です)の1/3が補助されます。

そして導入する際に、必要な端末等の導入費用も補助されます。

基本的にキャッシュレス決済事業者が1/3、政府が2/3を負担します。

さらにキャッシュレス決済の事業者が、システム開発や

キャッシュレス決済の広報活動などの事務経費の1部も補助されます。

日本のキャッシュレス社会の歴史について

日本政府が後押しする日本のキャッシュレス社会は、

日本の成長戦略内にある政策資源をFinTech(フィンティックです)に集中投入しました。

そしてFinTechは、金融サービスと情報技術を組み合わせたサービスです。

現代の日本は、先進国に比べて現金取引の比率が高いです。

中小企業向けのIT活用も限定的です。

FinTechの導入によって、インターネットを活用したサービスが増えて経済効果が期待できます。



経済産業省の2015年研究調査データの世界各国キャッシュレス決済は、

大韓民国が圧倒的な存在感を示しています(89.1%です)。

中華人民共和国は60.0%、カナダは55.4%、イギリスは54.9%、オーストラリアは51.0%です。

ちなみに日本は、18.4%です。

日本がキャッシュレス社会の普及を拒む主な理由は、現金を好む国民性です。

現金の大きな特徴は、治安(現金を落としても返ってくるという宗教などです)、

ATMの利便性(現金の入手が容易です)、現金に対する高い信頼性、

POS(レジです)の処理が優秀(現金取り扱いが高速化と正確性です)などです。

 

外国人観光客の決済方法について

日本政府観光局の2018年研究調査データの

日本を訪れた外国人観光客の数は、3119万人です(3000万人超えは、日本初です)。

主に東京都、京都府、大阪府、福岡県、札幌市などの都市部や観光地が人気です。

そして現在は、観光スタイルがインターネットの利用で大きく変化しました。

さらに海外からの観光客は、日本人が見過ごしているような場所や食べ物を発見して

どんどん情報を発信しています。

特に人気が高い場所は、日本のアニメやコミックスに登場する場所です。

 

様々な国から来日しています。

日本政府観光局の2019年研究調査データの訪日外客数は

大韓民国(71万5800人です)が第1位です。

中華人民共和国は72万3600人、台湾は39万9800人、香港は17万9300人です。

東アジア諸国がほとんどを占めています(全体の77%です)。

ちなみにアジア圏を含めると、88%以上を超えます。

 

日本政府観光局の2018年研究調査データの訪日観光客が利用した決済方法は、

最も利用されている決済手段が現金です。

クレジットカード、交通向けICカード(Suicaなどです)、モバイル決済(Alipayなどです)、

デビットカード(Visaデビットなどです)、割引クーポン、

その他のICカード(楽天Edyなどです)、仮想通貨(BitCoinなどです)などです。

主な各決済サービスについて

 

サービス名 スマホ決済の種類 ポイント名 大きな特徴
PayPay QRコード決済 PayPayボーナス 100円で3円程度(3%です)のPayPayボーナスを付与します。
LINE Pay QRコード決済 LINEポイント 前月の利用金額によって付与ポイントが決定します(0.5%〜2%です)。
楽天ペイ QRコード決済 楽天スーパーポイント 200円で1ポイントです。
d払い QRコード決済 dポイント 200円で1ポイントです。
Suica 電子マネー決済 JREポイント 100円や200円(税込です)ごとに1ポイントです。
楽天Edy 電子マネー決済 楽天スーパーポイント 200円で1ポイントです(Edyカード利用です)。
WAON 電子マネー決済 WAONポイント 200円で1ポイントです。
nanaco 電子マネー決済 nanacoポイント 100円や200円で1ポイントです。
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター