投資信託の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

投資信託(ファンドです)は、販売会社が多くの投資家から資金を集めて、

1つにまとめた信託財産(巨大な資金です)にして、

投資信託委託会社(専門家です)が運用する金融商品です。

これは、投資家から集めた資金を分散投資して運用する仕組みです。

そして、運用損益を投資額の割合に応じて投資家に還元します。

ちなみに販売会社は銀行、証券会社などの金融機関の事です。

投資信託の基礎知識について

投資家から集められた資金は、

有価証券(株式、公社債、金融派生商品などです)や不動産などに分散投資します。

しかし運用損になった場合は、販売会社や投資信託委託会社が元本保証する事はありません。

投資信託委託会社は、

金融商品取引法に基づいて投資運用業の登録を受けた金融商品取引業者です。

投資信託の特徴についてです。

多様な分散投資…個人では投資できない金融商品やデリバティブ商品(金融派生商品です)などが投資可能です。

リスクヘッジ…分散投資をする事によって、リスクを軽減する効果があります。

運用管理…資産の運用や官営を専門家に託す事によって、

投資分析ができます。

投資信託の仕組みについて

基本的には受益者、委託者、受託者の3者に構成されている契約構成です。

受益者…投資家の事です。

投資信託を購入する受益証券を取得する事によって、収益を受け取る権利があります。

そして2007年(平成19年です)01月以降、投資信託振替制度が施行されます。

基本的には、受益証券は発行されません。

しかし受益権は、コンピューターによる振替口座簿(帳簿です)に記録されます。

受益証券は、投資信託の利益を受け取れる権利を形に表したモノです。

委託者…投資信託委託会社の事です。

基本的には、投資家から集めた資金を信託財産の運用を受託者に指揮します。

受益者である投資家の利益の為に運用担当します。

受託者…信託銀行や信託業務を行う銀行の事です。

基本的には、委託者からの運用方針に基づいて金融市場や証券市場で売買等を行います。

信託銀行が破産した場合は、

債権者が信託財産に対して強制執行等を行えない仕組みになっています。

そして信託銀行は、受託者の固有財産や他の信託財産などは分別管理されています。

さらに、信託財産を管理担当をしています。

投資信託の運営について

主な投資信託の運用の仕組みについてです。

販売会社が、投資信託の販売や分配金などの窓口業務をします。

そして投資信託委託会社が、

販売窓口を通委通じて多くの投資家から集めた資金運用の指揮を行います。

その後信託銀行が、運用されている資産の管理担当をします。

各専門機関が効率的に運営を行います。



投資信託のリターンとリスクについて

値動きが激しい投資信託を購入した場合は、高いリターンが見込めます。

大きな期待がある反面、リスクが高くなります。

資産形成の目的に応じた投資信託を選ぶ事が重要です。

主な投資信託の種類についてです。

ファンド・オブ・ファンズ…投資信託に投資する投資信託です。

通常の投資信託よりもリスク分散が行われています。

しかし、多くの投資信託に投資をしているので、複雑な投資信託です。

ノックイン投資信託…高い利回りが期待できる債券に投資する投資信託です。

株価指数などの設定されている指標が一定の水準が超えない限りは、

大きなリターンが得れます。

しかし一定の水準が超えた場合は、株価指数などの指標の動きに連動します。

外国籍投資信託…外国で作成された投資信託です。

外国の法令に基づいて作成されるので、各国によって仕組みが変わります。

通貨選択投資信託…投資対象資産に投資して、投資対象通貨を選択できる投資信託です。

投資対象資産は、金利が高い各国の債券などです。

外国株式や外国債券などに比べて、リターンは大きいです。

しかし大きな期待ができる反面、リスクが高いのが問題点です。

 
 
    

Thank you