【キャッシュレス決済】スマホ決済のメリットとデメリット【初心者講座〜上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

キャッシュレス社会で大きな存在力を担っていくのがスマートフォン決済です。

そしてQRコード決済を中心としたスマホ決済は、現金払いのデジタル版です。

消極的な店舗オーナーや利用者が、

キャッシュレス化に対するハードルが高いイメージがあります。

特に小規模店舗や個人事業主がスマホ決済の導入を検討する課題が増えています。

さらに新たなサービス事業者や国の支援などによって、少しずつ変化が生じています。

スマホ決済のメリットについて

①新規顧客の獲得

販売促進費用や宣伝広告費などに限りある小規模な店舗の場合は、

新規顧客の開拓や獲得は困難な状態が続きやすいです。

大きな特徴は、新規顧客との接点を作る事ができます。

そしてスマホ決済サービスの事業者によるポイント付与、キャンペーン対象、

割引サービスなどを活用する事ができます。

さらにスマホ決済サービスは、ポイントや割引の利用のできる加盟店の情報が掲載されます。

エリアごとにポイント利用可能点として紹介しているサービスもあります。

ちなみに新規顧客への認知に繋げる事が可能になって、

スマホ決済サービスの特典も上手に利用できます。

 

②会計業務の負担軽減

現金以外の決済手段が多様化すると、

レジのオペレーションなどが複雑なる事を懸念されている店舗があります。

しかし現金決済は、大変な手間と時間がかかっています。

釣銭の用意、お客様から受け取った代金の確認、金融機関への入金、

釣銭の手渡し、日々の精算業務などの手間なコストが多いです。

そして金銭を直接取り扱う事は、様々なリスクが生じます。

具体例は精算ミス、スタッフの不正、強盗などです。

さらにスマホ決済は現金の勘定や現金のやり取りが発生しません。

会計業務を効率化する事やサービスの品質向上に役立ちます。

 

③顧客単価の向上と来客回数の増加

お客様の利便性の向上を高めるだけではなく、新規顧客獲得のコストを下げやすいです。

少しでもポイントを獲得できるスマホ決済サービスが充実しています。

特に大型店舗やチェーン店は、独自のポイント制を開始しています。

スマホ決済事業者が展開するキャンペーンの活用ができます。

還元キャンペーンや割引の導入、自店のキゥヤンペーンを同時展開する事で、

より注目度は高まってお得感が得やすいです。

 

④サービスの利便性が向上

現在は若年層を中心にスマホの所持率が高く、日々の情報収集、コミュニケーション、

お店の予約などのほとんどの事をスマホで行っています。

最近は、割り勘などに利用されている個人間送金サービスが登場しました。

大きな特徴は、特定した相手に送金する事ができます。

主な利用例は飲み会、旅行経費の精算、割り勘などです。

ちなみに中華人民共和国は、個人間送金を利用したサービスが増加しています。

お客様だけではなく店舗に獲っても時間と手間の節約に繋がります。

 

⑤外国人観光客へのアピールへ

海外からの訪日観光客は、毎年増え続けています。

有名観光地だけではなく、地方のあまり有名ではない地域やお店でも、

観光客が個人的に発信する情報によって世界中に知らせる可能性があります。

基本的にアジアからの観光客が多く、人気のある観光スポットを重点的に巡る

ゴールデンルートがあります。

ちなみにゴールデンルートは東京、箱根、富士山、名古屋、京都、大阪です。

そして団体旅行は、シニア層や初めての訪日旅行客の利用が多い傾向です。

別名はGITです(Group Inclusive Travelです)。

さらに個人旅行は、自分で手配して周遊するスタイルです。

何度も繰り返して訪れる外国人観光客が増えています。

別名はFITです(Foreign Independent Travelです)。



スマホ決済のデメリットについて

①導入費用が高い

クレジットカード決済の場合は、カードを読み取る為の専用端末の導入が必要です。

回線工事を伴ったりする費用や導入までの時間が必要です。

 

【お困りでしょうか?】

 

スマホ決済事業者の増加により、導入費用や時間のハードルが大きく下がっています。

現在は店舗がQRコードを提示して、利用者が読み取る店舗提示・

利用者読み取り型決済があります。

利用者がお店に貼られていたQRコードをスマートフォンで読み取って、

会計金額を入力して店舗サイドで画面を確認する事で会計が完了です。

最近は初期費用が無料や設置負担がとても軽くなりました。

導入の時間や手間が大きく軽減して、決済の費用負担が少ないです。

 

②加盟店手数料が高い

スマホ決済事業者に決済手数料を支払う事になります。

個人店や小規模店舗の場合は、

クレジットカードの手数料が気になって大きな負担に繋がります。

 

【お困りでしょうか?】

 

主要なQRコード決済事業者は、クレジットカードの料率に比べて低いです。

積極的なスマホ決済事業者の場合は、低い料率を提案しています。

特に期間限定で手数料を無料もあります。

ちなみにクレジットカードの料率は業種、業態、店舗の規模によって異なります。

 

③現金の方が信用できる

日本人全体に現金を好む国民性が高いので、偽札の流通が少ない事が大きいです。

そしてATMの設置数も世界有数、全国的にコンビニエンスストアに設置されるようになって、

利便性が高く、現金の入手が容易、盗難の少ない日本文化、治安の良さなどがあります。

 

【お困りでしょうか?】

 

毎日発生する釣銭の準備やレジへの配金の作業はコストが大変です。

キャッシュレスの導入によって、時間コストや生産性が高い業務に振り分ける事ができます。

治安が良い国は現金の取扱額が多ければ、強盗や盗難などの不正流用リスクが高まります。

小額でのキャッシュレス決済も対応しています。

特に電子マネーやQRコード決済が導入されている現在は、

スマホ決済利用者からのハードルは低くなっています。

 

④現場スタッフによる対応が困難

現金以外の決済方式による混乱を懸念する店舗が多いです。

会計業務が複雑化して、ミスが起きる事を心配しています。

スマホやタブレットなどの端末機器を使いこなして、

決済作業をスピードに行えるのかという不安もあります。

 

【お困りでしょうか?】

 

シニア向けスマートフォンの開発やオーナー自らやってみる事ができます。

操作が簡単でレジ業務に関しての伝達や教育の為の時間やコストも大きく削減できます。

アルバイト、パートなどの利用の慣れは必要ですが、

外国人観光客には自分が使えるキャッシュレス決済がある事や

お店や施設に入る安心感に繋がります。

スタッフによるレジ締めによる売上集計や現金残高の確認などの多くの時間が削減できます。

 

⑤設置場所がない

従来から使用しているレジスターを置くだけでいっぱい、

決済端末などを置く物理的なスペースがないなどの決済端末を適切な場所がない事です。

 

【お困りでしょうか?】

 

小さな三角POPをレジ横に置いて置くだけのスペースがあれば十分です。

そしてタクシー、ビールの売り子、屋台などでQRコード決済が使われ始めています。

実質、スマホ決済は物理的なスペースが不要です。

直接に金銭のやり取りをしなくても済みます。

プリント型のQRコード決済の場合は、必要に応じてスキャンしてもらう事もできます。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター