ティアラについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

キラキラした宝石は、圧倒的な美の追求を表した工芸品です。

コレクション性が高く、皇族ファッションの1つです。

王妃の象徴であるティアラは、ジュエリー界のトレンドマークです。

長い歴史や王族からの継承などを経て、現在に受け継がれている装飾品です。

ダイヤモンド級の権威と尊重があるので、多くの女性の憧れの的です。

ティアラについて

ティアラは、頭頂部に付ける装飾品です。

別名はタイアーラ、デミコロナルです。

階級や地位などを示すクラウンの1種です。

基本的には、礼装で利用されています。

クラウンは第1礼装用、ティアラは第2礼装用として認知されています。

ちなみに装飾具は、工芸品です。

大きな特徴は、前頭部のバンド型に装飾化されています。

西欧の王室や日本の皇室で使用されている機会が多いです。

 

主なティアラの素材についてです。

シルバー…伝統性がある素材です。

ゴールド…高級感がある素材です。

ブロンズ…耐熱性が高い素材です。

主なティアラの種類について

プリンセス・ティアラ…お姫様向けのティアラです。

【参考画像】

カチューシャ・ティアラ…お色直し向けのティアラです。

【参考画像】

クラウン・ティアラ…王冠型のティアラです。

【参考画像】

マリアベール・ティアラ…小顔効果があるティアラです。

【参考画像】

コーム・ティアラ…櫛入りのティアラです。

【参考画像】

ティアラの歴史について

ローマ時代、女性皇族が成人になると御用達技術者が献上する事がありました。

特定の業者と契約をしていて、貴族向けのファッションとして根付いていました。

その後、結婚式や披露宴等に使用される事が増えていきました。

ヨーロッパ諸国の王族が伝統的な風習として発展していきました。

基本的に花嫁限定というファーマルな場で着けられていました。

格調の高さや上質さによって、ヘッドドレスとして人気があります。

現在は、アンティーク・ジュエリーやアクセサリーとして着用される事が多いです。

昔よりも自由度が高くなったティアラは、プリンセスの定番として広く認知されています。

ティアラのサイズについて

全長…ティアラの先端から端まで測った値です。

高さ…ティアラの高さを先端から端まで測った値です。

日本の主なティアラのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 全長
XSサイズ 約11.0㎝ 約3.5㎝
Sサイズ 約12.0㎝ 約4.0㎝
Mサイズ 約13.0㎝ 約4.5㎝
Lサイズ 約14.0㎝ 約5.0㎝
XLサイズ 約15.0㎝ 約5.5㎝
 
 
    

Thank you