ドローンの最新利用方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ドローンを利用したサービスが増えています。

農作物を管理できる、危険な場所に潜り込める、配達サービスができるなどに活用されています。

災害時や訓練などにも使用されています。

大きく成長しているドローン市場は、他にも用途がいっぱいあります。

もっと活躍できる場所が目の前に転がっていますよ。

ドローン警備利用と点検利用について

警備用ドローンは、警備コストの削減に期待できます。

2014年、ロシア連邦で開催されたソチオリンピックで採用されました。

ソチオリンピックは、冬季オリンピックです。

開催期間は、2014年02月07日~同年02月23日までです。

選手村の警備などに活躍しました。

マラソン大会などの広域軽微として活用して、

2020年に開催される2020年東京オリンピックに採用される事が期待されています。

2020年東京オリンピックは、夏季オリンピックです。

開催期間は、2020年07月24日~同年08月09日までです。

点検用ドローンは、高所や危険な場所などの、

人が近づくのが困難な場所にある建物や設備などの点検に期待されています。

破損の点検、側壁の劣化確認などに利用されています。

点検器具(カメラ、ハンマーなどです)を搭載して、作業効率を上げる事ができます。

最近は石油タンク、ガスタンク、送電線などの点検に活用できるように開発化されています。

そして国内では、太陽光発電所などのソーラーパネル点検用ドローンが活躍しています。

さらに海外では、鉄道の点検用ドローンが実用化されています。

近年、攻撃ドローンが開発されていています。

攻撃してくるドローンに対処するドローンの開発が行われています。

侵入してくるドローンを検知するシステムは、

ドローン特有のレーダーや音の検知システムで対応できます。

現状では、捕獲して地上に下ろす方法が主流化しています。

破壊する方法を採用すると破片や爆発などの不祥事が拡大する恐れがあるからです。

このように人の代用として、安全な作業が実現できる未来は遠くはないです。

ドローンの測量利用について

測量用ドローンはカメラを搭載して、

その映像をコンピューターによって自動的解析する事によって、

様々な測量に関するデータや作業に利用できます。

地形の分析の為にデータを収集する事が可能になりました。

大規模な土木工事や港湾設備などの設計を行う為の地形の測量、

土木工事や鉱山などの掘削現場で掘削面積、

掘削で排出した土砂の分量を測量して工事進行を管理することなどができます。

現在は、マークを付けた地点間の距離や高低差を測る道具、

これらを地図上に記録する作業や道具の運搬操作などの人手が必要です。

膨大なコストや時間の浪費が発生します。

しかし、測量用ドローンを使用する事で円滑に作業ができます。

最近は、地下資源探索専用ドローンが登場しました。

以前は、有人航空機や人工衛星などに頼っていましたが、

立体カメラを搭載したドローンを利用する事が可能になります。

三次元地形像を作りながら探索できるので、測量分野に革命をもたらしました。

測量についてです。

測量は、専門知識を持った専門家による仕事です。

これは、測量に使用する道具や測量を実施する測量士などは、

国の認定が必要です。



ドローンの通信利用について

通信用ドローンは、電波通信網の担い手として君臨する事になります。

世界には、携帯電話の電波を送受信する基地局が設置されています。

しかし現在は、携帯電話の利用ができない地域が存在しています。

そして地震や津波などの自然災害によって、

携帯電話の基地局が破壊される可能性があります。

このような状況を打開する為に通信用ドローンの開発化が進行しています。

21世紀初期、太陽電池を動力として連続飛行が可能なドローンの開発競争が繰り広げられています。

Google Inc(グーグルです).やFacebook, Inc.(フェイスブックです)などの

アメリカ合衆国のIT企業が巨額の資金を投入しています。

これは地上の携帯電話基地局が整備されていない地域に、

インターネットや携帯電話を普及させる事が大きな目的です。

主な候補先としては、アフリカ大陸を目星にしています。

ドローン機体の翼に太陽電池を張り付けます。

そして、搭載した無線基地局と地上の携帯端末などとの通信を行えるようにします。

人工衛星との通信を行う事で、携帯電話網やインターネット網との中継が実現できます。

これは災害時に利用する事によって、

非常用携帯電話や非常用インターネットが活用する事ができます。

非常災害時の通信手段として重宝されていきます。

 
 
    

Thank you