ドローンの歴史について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ドローンは航空技術、通信技術、電気電子時術の主な3要素を含んでいるロボットです。

これは、安価で簡単に利用ができる小型無人航空機です。

大人気漫画『ドラえもん』に登場するひみつ道具であるタケコプターですね(空飛ぶロボットです)。

現在のような小型無人航空機のプロペラで飛行するドローンとして、

認知されるようになった主な理由があります。

かんたん、安価、電動駆動用のバッテリーなどです。

①ドローンの歴史について

Droneは、無人航空機(Unmanned aeriak vehicleです)。

ドローン開発の発端は、標的機から誕生しました。

イギリスのデ・ハビランド DH82 タイガー・モスを改造した無線操作の無人機であるクイーン・ビーは、

1935年~1947年まで標的機として約380機が製造されました。

de Havilland DH.82 Tiger Mothは、

イギリスのデ・ハビランド社製の練習機です。

Queen Beeは、ターゲット・ドローンです。

1930年、航空機を無人で遠隔操作によって飛行される試みが行われ始まりました。

その後、アメリカ合衆国の海軍がを無線操縦で飛行できるように改造しました。

これは、1938年から標的機として使用されました。

カーチスN2C-2は、アメリカの戦闘機です。

本格的に利用されたのは、ラジコン模型飛行機を改造した標的機であるOQ-1が、

1940年に採用されました(ターゲット・ドローンです)。

米国のターゲット・ドローンは、第2次世界大戦中に約1万機以上が製造されました。

現在は、様々な国で利用されています。

第2次世界大戦後、ドローンの付加価値に対する研究が行われました。

新たな付加価値候補として、自動で飛行させる事に注目されました。

これは、無人で自ら飛行位置を知る事が必要です。

有人航空機用は、搭載する角速度計(ジャイロです)、加速度計によって、

移動位置を算出する慣性航法が開発されました。

しかし、上手く適用しませんでした。

ちなみに慣性航法は、航法の1つです。

ジャイロなどで移動中の加速度を測定して、

積分計算によって飛行距離を算出して自己の位置を求めながら所定の航路を航行する手法です。

無人機用の航法技術は、GPS(全地球測定システムです)によって初の実用化に成功しました。

全地球測定システムは、複数の衛星からの電波を受信する事によって自身の位置を求める事ができます。

GPSの発展に伴い、ドローンの航法時術が確立されました。



②ドローンの産業用利用について

無人ヘリコプターの産業用利用が始まったのは、日本の農薬散布ヘリコプターです。

1990年代以降、農薬散布用無人ヘリコプターが発売されました。

これは、有人ヘリコプターの改良版です。

現在は、航空機による農薬散布は全て無人ヘリコプターです(国内です)。

そして現在、空撮などの多種多様の目的に活用されてきている小型無人機は、

4つ以上のプロペラの回転軸を制御して飛行するマルチコプターが急速に拡大しています。

2000年代、携帯電話用バッテリーに使用されていたリチウムポリマーバッテリーは、

軽量で電動無人機のバッテリーに利用ができる事で普及しました。

さらに最新のドローンは、WiFi機能を用いた遠隔操作、

スマートフォンやタブレット等で容易に操縦ができるようになりした。

ドローンは、農業用からホビー用へ発展していきました。

 
 
    

Thank you