インフルエンザにかかりやすい人とかかりにくい人の違いについて【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

様々な動物に適応していく巧妙な技を持つインフルエンザを避けたい人は多いです。

インフルエンザウイルスに感染する人や感染しない人がいます。

元気な人ほどインフルエンザになりにくいという事がよく議論されます。

しかし、新型インフルエンザという新種の生物が迎えに来た時にお出迎えを拒否する事は難しいです。

そのまま歓迎会を行う事になりかねません。

そして、時代によって変化をし続けるインフルエンザは生き残っています。

絶滅させる事よりも私たちが絶命しない事を優先する方が得策です。

インフルエンザにかかりやすい人とかかりにくい人の違いについて

インフルエンザは、感染症の1部です。

人間の体の外からやってくる色々な微生物に対して、悪いモノを排除する為に働く免疫力が備わっています。

元気な人は免疫力が高く、インフルエンザウイルスに感染してもウイルスが増えにくいです。

体が弱っている人(子どもや患者などです)や高齢者などは、

体の免疫力が低下していくのでインフルエンザにかかりやすくなります。

しかし、同系のインフルエンザウイルスに感染した場合は、

以前に感染した経験があるので基礎免疫力が向上しています。

インフルエンザウイルスを排除する動きが活発化して、病気にならない事が多いです。

ちなみにインフルエンザ流行中に元気な人でも、

インフルエンザウイルスにかかっている事もあります。

さらに赤ちゃんや幼少期の子供などの生まれてから年月が経ってない人は、

インフルエンザに感染した事が少ないのでかかりやすくなります。

次第に免疫力が向上してインフルエンザに対抗できるようになっていきます。

ちなみに新型インフルエンザは、前例のないインフルエンザウイルスなので病気になりやすいです。

 

特徴 主な対象者 主な説明
インフルにかかりやすい人 赤ちゃん、高齢者、病気の人などです。 基礎免疫力が低い人、免疫力が弱っている人です。
インフルにかかりにくい人 元気な人です。 基礎免疫力が高い人です。

免疫力を上げる方法について

主なインフルエンザになりにくい生活習慣についてです(個人差があるので参考程度でお願い致します)。

①睡眠時間を確保する⇒早寝早起きをする。

②バランスの良い食事をする⇒たんぱく質、炭水化物、ビタミン群などを摂取します。

③運動をする⇒体操、ウォーキング、トレーニングなどをします。

インフルエンザの脅威について

インフルエンザウイルスは、変身能力が備わっています。

人間の体の中にインフルエンザウイルスが入り込むと体を守る為に免疫が働きます。

その後、ウイルスを追い払うように活発化します。

免疫は、1度感染した病原体(細菌やウイルスなどです)に対して対抗力があります。

そして人の体は、2回目以降の同系の病原体が入ってきても瞬時に対応して、

病気になる前に病原体を排除する事ができます。

インフルエンザが流行した場合は、翌年に同系のウイルスが流行りにくくなります。

感染した人は、同系ウイルスの免疫力を得ているので流行がしにくいからです。

しかし、インフルエンザウイルスは毎年微妙に違った姿で出現しています。

インフルエンザが毎年流行する主な原因は、形状を変形したインフルエンザウイルスの影響です。

インフルエンザの増殖について

インフルエンザウイルスは、1日に100万個になるスピードで増殖していきます。

基本的に人間の遺伝子は、DNA(遺伝子の本体です)で構成されています。

Deoxyribonuckeic Acidは、高分子生体物質です(デオキシリボ核酸です)。

2本の鎖状になっているので壊れにくいです(修復ができます)。

インフルエンザウイルスの遺伝子は、RNA(遺伝子の物質です)で構成されています。

Ribonucleic Acidは、核酸の1種です(リボ核酸です)。

1本の鎖状になっているので壊れやすいです(修復ができません)。

そしてインフルエンザウイルスは、もの凄いスピードで複製していくので複製失敗を起こしやすいです。

失敗作が増え続けるとインフルエンザが流行する事に繋がります。

形が違うインフルエンザが増え続ける事になります。

元の姿とは異なった姿で変身していくウイルスは、脅威的な病原体です。

 

主な説明 人間 インフルエンザウイルス
遺伝子 DNA RNA
2本 1本
 
 
    

Thank you