ベルトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

高級感とシンプルを表すスタンダードなファッションアイテムとして有名なベルトは、

カジュアルシーンやビジネスシーンなどに活躍が期待できるおしゃれグッズです。

そして新入生、新社会人になる新しい季節に最も相応しい服飾品です。

新しい風と暖かい春が集う学校や会社でトレンドマークとして利用できます。

入学式と入社式を終えた学生や社会人が毎日着用する機会が多くなっていきます。

ベルトについて

ベルトは、モノを固定する為に使用される細長い革や布です。

別名はバンド、帯革、胴締などです。

基本的には、専用固定具が付加されています(尾錠やバックルなどです)。

長さの調整は、任意で調整する事ができます。

そして大きな特徴は装身具、身体の保護、カバン機能などです。

地位や権威の象徴として利用される事があります。

具体例は、チャンピオンベルトです。

身体の動きを制限や補助、腰痛緩和などに利用できます

具体例はシートベルト、安全帯などです。

常時持ち歩く際に手で持つよりもベルトに装着する事も可能です。

具体例は携帯電話、時計、工具、銃弾などです。

 

主なベルトの素材についてです。

…肌触りが良い素材です。

皮革…吸湿性が高い素材です。

エナメル…高級感がある素材です。

主なベルトの種類について

革ベルト…革用のベルトです。

【参考画像】

布ベルト…布用のベルトです。

【参考画像】

チェーンベルト…装飾向けのベルトです。

【参考画像】

ドレスベルト…結婚式向けのベルトです。

【参考画像】

ゴムベルト…ゴム用のベルトです。

【参考画像】

スタッズベルト…カジュアル向けのベルトです。

【参考画像】

ダブルピンベルト…穴が2つ開いているベルトです。

【参考画像】

ベルトの歴史について

古代時代、腰布の紐と居として利用されていました。

古代エジプト時代、金属製や革製のベルトを使用して軍事用として利用されました。

中世時代、服飾品として衣服の階級制度がありました。

その後、地位を表す為の模様や宝石等を使用しました。

上層階級のベルトは、贅沢品として普及しました。

一般庶民にベルトが認知されるようになって、階級制のあるベルトは徐々に少なくなっていきました。

江戸時代、日本は鎖国を行っていたのであまり普及しませんでした。

明治維新、政府関係者が洋服を着用するようになりました。

戦後、アメリカ式の生活様式が広まって人気品の1つになりました。

紳士ベルトや婦人ベルトなどの洋風スタイルが多くの人に受け入れらました。

現在は、服飾品の定番メニューとして認知されています。



ベルトのサイズについて

全長…ベルトの先端部分から足まで直線で測った値です。

日本の主なベルトのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 全長
28インチ 約66.5㎝~約76.5㎝
29インチ 約69.0㎝~約79.0㎝
30インチ 約71.5㎝~約81.5㎝
31インチ 約74.0㎝~約84.0㎝
32インチ 約76.5㎝~約86.5㎝
33インチ 約79.0㎝~約89.0㎝
34インチ 約81.5㎝~約91.5㎝
35インチ 約84.0㎝~約94.0㎝
36インチ 約86.5㎝~約96.5㎝
37インチ 約89.0㎝~約99.0㎝
38インチ 約91.5㎝~約101.5㎝
 
 
    

Thank you