インフルエンザの基礎知識について【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

学級閉鎖で学校が休校になる事があるインフルエンザは、日本で毎年約1000万人がかかっています。

そして、冬に流行する事が多いインフルエンザウイルスは対抗する為に多くの研究が続けられています。

さらに、人から人へと移る感染的な広がっていく恐ろしい病気です。

体調管理がより一層見つめ直す良いきっかけになる病気は、

悪魔のサインを早期発見できるようにしていく必要があります。

インフルエンザの基礎知識について

インフルエンザは、感染症です。

大きな特徴は、約80㎚(ナノメートルです)~約100㎚程度の病原菌です。

学校に設置されている顕微鏡で確認する事が難しく、

医療機関に設置されている電子顕微鏡で確認する事ができます。

ちなみに細菌は、顕微鏡で確認する事ができます。

そして、インフルエンザの感染の主な仕組みがあります。

感染は、インフルエンザウイルスが鼻や口から体内に入って増殖する事です。

感染した時点で病気が発症するのではなく、感染後(数日後ぐらいです)に病気になる事が多いです。

インフルエンザウイルスは、インフルエンザを引き起こす原因となるウイルスです。

さらに、インフルエンザに感染した人が会話、咳、くしゃみ等によって周囲に微粒子がまき散らします。

微粒子内に大量のインフルエンザウイルスが含まれています。

その後、微粒子が別の対象物に感染していきます。

 

主な感染方法についてです。

飛沫感染…飛沫による感染です。

飛沫は、飛び散っている微粒子が鼻や口の粘膜に直接触れて感染する事です。

基本的に2m(メートルです)程度の距離を飛びます。

マスクで防ぐ事ができます。

空気感染…飛沫核による感染です。

飛沫核は、飛び散っている微粒子が含まれている水分が蒸発して小さくなった粒子です。

長く空気中に漂うのでマスクで防ぐ事ができません。

主に電車内、バス内、教室内などに多いです。

インフルエンザの流行について

日本は、冬にインフルエンザになりやすいです。

インフルエンザウイルスは、空気が乾燥しやすい季節に活発化します。

そして、インフルエンザウイルスは感染した人のくしゃみや咳などで水分に包まれて飛沫します。

しかし飛沫は、2m程度で落下します。

空気が乾燥している場合は、飛沫核が空気と一緒に長時間漂う事になります(エアロゾルです)。

エアロゾルは、人がインフルエンザウイルスを吸い込みやすい状態の事です。

ちなみに冬は、感想がしやすいのでエアロゾルになりやすいです。

さらにインフルエンザの増殖最適気温は、33℃(度です)です。

人間の体内の平均温度は37℃です。

冬は気温が低いので冷たい空気がさらされる事が増えていきます。

インフルエンザウイルスがエアロゾルになって鼻や喉に到達した時点で、

増殖しやすい温度になっている事が比較的に多くなってしまいます。

冷たい風を受けている口や鼻は、33℃に近い温度にさらされるからです。



インフルエンザウイルスの増殖について

飛沫や飛沫核になったインフルエンザウイルスを体内に吸い込むと増殖します。

鼻や喉から入り込んだインフルエンザウイルスは、

24時間以内に気管や気管支に広がっていきます。

そして、1個のインフルエンザウイルスは8時間後に100個、

16時間後は1万個、24時間後は100万個にまで増加していきます。

さらに、感染細胞を増やしていきます。

感染細胞は、インフルエンザウイルスに侵入された細胞です。

浸入された細胞は、次々と死んでしまいます。

その後、死んだ細胞の周囲に炎症が起き始めていきます。

最終的には、高熱や筋肉痛になる病気の原因を引き起こしていきます。

インフルエンザに有効な手段について

インフル対策は、ビタミンDが有効です。

太陽から放たれる紫外線は、体内でビタミンDを作る手助けをしてくれます。

ビタミンDは、インフルエンザウイルスに対する抵抗力があります。

しかし冬場は、太陽の光が皮膚に当たる量が減少します。

ビタミンD不足は、インフルエンザに掛かりやすくなる原因に繋がります。

インフルエンザの歴史について

紀元前412年、古代ギリシャで医学の祖として有名なヒポクラテスさんが高熱を出した患者を観察しました。

古代エジプト時代や古代ローマ時代、ヒポクラテスさんが書き残した書物内に

インフルエンザに関する病気の記述を書き残しました。

14世紀、イタリアで高熱を出す病気を天空の星の動きの影響が原因で起こるとされていました(星の影響です)。

星の影響は、Influenza Cieli(インフルエンザシエリです)です。

その後、インフルエンザの病名の語源として認知されるようになりました。

18世紀、イタリアで毎年冬に流行する事から寒さに影響がある病気として考えられていました。

寒さの影響は、Influenza Di Freddo(インフルエンザ・ディ・フレッドです)です。

江戸時代、流行り風邪や流行性感冒(流感です)として認知されていました。

1993年、インフルエンザウイルスが発見されました。

1950年、戦後に日本でインフルエンザと言う病名を定義しました。

 
 
    

Thank you