第55回上方漫才大賞について【シャンプーハット】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2020年04月11日、年度を通じて、上方漫才界の最も活躍した人を贈呈する賞である

『第55回上方漫才大賞』が開催されました。

そして、お笑いコンビ『シャンプーハット』さんが上方漫才大賞を受賞しました。

さらに、新型コロナウイルスの感染拡大防止として

しかし、大阪府にあるオリックス劇場からの生放送を中止しました。

ちなみにシャンプーハットのメンバーは、こいでさんとてつじさんです。

第55回上方漫才大賞について

上方漫才大賞は、最も歴史がある上方漫才賞です。

1966年に大阪放送株式会社『ラジオ大阪』を通じて設立されました。

そして第55回上方漫才大賞の奨励賞と新人賞は、選考中止です。

司会者は、お笑い芸人として活動している大平サブローさん、

アナウンサーとして活動している藤川貴央さん、

女性アナウンサーとして活動している関純子さんです。

 

こいでさんは、『正直、「漫才大賞をなかなか獲れない理由はそのスタイルじゃないか、

漫才大賞用に漫才を1本作った方がいいんちゃうか」っていうアドバイスも貰ったりしたんですよ、

でも、「このスタンスで獲らんと意味がないな」と思ったので、それを認めて頂いたのが、

凄い嬉しいですね、日本が大変な時期に僕らがこの賞を獲らせて貰ったのは、

何か意味があると思います、たまたま今日僕らが代表して話しているだけで、僕ら以外の漫才師も

皆さん思っている事ですが、何とか日本を盛り上げていきたい』というコメントを寄せました。



てつじさんは、『あれ?、忘れられてる?」って(笑)、毎年賞を狙う為にイベントをして、

全国ツアーもやりました、でも、今年1年は大きな動きをするというよりは、

出番を入れてくれた劇場で漫才を全力でやっていました、しかも今年は状況も状況なので、

大賞を貰えるなんて1番、ある意味、印象に残る年の漫才大賞を頂けたので、劇場がオープンして

皆さんの前で漫才が披露できる時、この賞を恥じないような漫才をしたいなと思います、

2人で泣きながら、これまでの事を思い出しながら漫才しよとか、色々考えてました(笑)、

今回頂いて嬉しいですけど、また2回目3回目の大賞を獲って、皆さんの前で漫才ができる事を

目指して頑張ります』というコメントを寄せました。

 

関西は、笑いをこよなく愛した街並みです。

私は、芸風の活性化に繋がると思います。

上方漫才師は、ベテランが芸風の追求を行って、若手が旋風を巻き起こします。

上方文化を通じて、伝統的な日本文化を受け継いでいく事が

新型コロナウイルスや経済悪化などをはじめとした悪魔払いだと感じています。

こいでさんについて

【参考画像】

※こいでさんが出演している作品です。

項目 主な内容
氏名 小出水直樹
生年月日 1976年02月01日
年齢 44歳です。
職業 お笑い芸人、シャンプーハットメンバー、吉本坂46メンバーなどです。
出身地 新潟県
所属先 吉本興業株式会社

てつじさんについて

【参考画像】

※てつじさんが出演している作品です。

項目 主な内容
氏名 宮田哲児
生年月日 1975年08月07日
年齢 44歳です。
職業 お笑い芸人、シャンプーハットメンバー、吉本坂46メンバーなどです。
出身地 大阪府
所属先 吉本興業株式会社
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター