タンクトップについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

現在は、メンズやレディースなどの様々な衣服があります。

華麗な美貌に特化した最新アイテムが登場しました。

腕まわり、首まわりの露出度が高いタンクトップがあります。

そして男性用はランニングシャツ、女性用はタンクトップとして認知されています。

おしゃれインナーとして、注目されています。

ちなみにインナーは、下着や肌着の事です。

タンクトップについて

タンクトップは、襟や袖のないシャツです。

そして衿のない上半身下着、合わせ、水着、上衣などの別名があります。

カットソーの1種です。

カットソーは、ニット素材の生地を裁断や縫製して作成された衣服です。

具体例はタンクトップ、スウェット、Tシャツなどです。

大きな特徴は、襟ぐりが幅広い事です(腕周りと首周りが広く深い開いています)。

主に上着として使用する場合は、タンクトップはファッション用に適していて、

ランニングシャツは運動用に適しています。

主に下着として使用する場合は、男性はランニングシャツ(男性用です)に適していて、

女性はタンクトップ(女性用です)に適しています。

ランニングシャツは、袖のない首元が大きく開いているシャツです。

そして、陸上競技に着るシャツです。

身動きがとりやすい、走りやすいなどの特性があります。

タンクトップの種類について

上衣…シンプルなタンクトップです。

【参考画像】

最近はプリント柄、デザイン、カジュアルなどのバリエーションが豊富です。

そして、重ね着として使用されるケースがあります。

下着…アウター調インナーのタンクトップです。

【参考画像】

大きな特徴は、保温性、吸汗性、保護性などです。

水着…ツーピースのトップスに使用されるタンクトップ水着です。

【参考画像】

ツーピースは、衣服の上下2つの部分分別されて1組となっている婦人服です。

具体例は、上着とスカートですね。

タン二キ(タンクトップ・ビキニです)…タンクトップとボトムスに分かれている水着です。

【参考画像】

水着の1種です(セパレート型です)。

セパレートは、1組のモノを各部分に分けたものです。

そして、伸縮性がある身生地です。

タンクトップの歴史について

1920年代、競泳用水着としてタンク・スーツを着用されていました。

タンク・スーツは、丈の長いトップスとショーツで組み合わされた水着です。

ショーツは、女性用の肌着です。

1960年代、タンク・スーツの上半身部分(トップの部分です)の事を

『タンク・トップ』として呼ばれるようになりました。

1968年、アメリカ合衆国でタンク・トップを使用されるようになりました。

1970年代、日本でタンクトップが流行しました。



タンクトップのサイズについて

着丈…襟の付け根から裾先先端までの直線で測った値です。

身幅…両袖の付け根下を直線で測った値です。

 

日本の主なタンクトップのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 着丈 身幅
XSサイズ 約54.5㎝ 約34.0㎝
Sサイズ 約56.0㎝ 約35.5㎝
Mサイズ 約58.0㎝ 約37.0㎝
Lサイズ 約60.0㎝ 約39.5㎝
XLサイズ 約62.0㎝ 約42.0㎝
XXLサイズ 約64.0㎝ 約45.0㎝

 

 
 
    

Thank you