水着について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

真夏日の快晴に海の家とダイヤモンド風の砂浜がありました。

海水浴や水遊びを楽しむ事ができる高級リゾート地のような楽園です。

ウォータースライダー、キャンプ、潮干狩りなどのイベントが盛り沢山です。

そして水着は、潤いと心地よさを兼ね揃えた衣服です。

おしゃれ水着やインスタ映えは、夏の思い出に繋がるお出かけスポットです。

水着について

水着は、遊泳や潜水向けに着用する衣服です。

特に海やプールなどで利用される事が多い服です。

大きな特徴は、遊泳・競技・潜水などの様々な用途で構成されています。

遊泳…海水浴やプール等の水遊び目的で使用される水着です。

男性向けはトランクスタイプ、女性向けはファッションタイプが多いです。

見た目や華やかさなどを重視する傾向が強く、スタイルを美しく見せる効果もあります。

そして、海岸などを背景とした水着キャンペーンガール、

ミスコンテストやアイドルなどの水着撮影会などに利用されています。

競技…競泳やフィットネス目的で使用される水着です。

大きな特徴は、脱げにくい事と体を動かす支障が少ない事です。

そして競泳用水着やスクール水着は、水の抵抗を減らす為に開発が進行しています。

男性向けはブリーフタイプ、女性向けはハイレグタイプが多いです。

潜水…潜行やサーフィン目的で使用される水着です。

全身を覆うタイプの水着がほとんど占めています。

身体を保護する効果、低温対策、紫外線対策などに期待できる水着が多いです。

そして簡易な潜水時はシュノーケリング、

スキンダイビングやスクーバダイビングはウェットスーツやドライスーツなどに利用されています。

 

主な水着の素材についてです。

ナイロン…弾力性が高い素材です。

ポリエステル…耐久性が高い素材です。

ポリウレタン…伸縮性が高い素材です。

主な水着の種類について

ワンピース水着…競泳向けの水着です。

【参考画像】

Tバック…T型の形状になっている水着です。

【参考画像】

ブーメランパンツ…ブーメラン風のブリーフ型水着です。

【参考画像】

フィットネス水着…デザイン性が高い水着です。

【参考画像】

ビキニ…サイドラインが細い水着です。

【参考画像】

ツーピース水着…上下が独立したタイプの水着です。

【参考画像】

水着の歴史について

古代時代、海水浴ができる海部に面した地域で裸や下着姿で遊泳していました。

1800年、鉄道の発達に伴って一般庶民が海浜地域に容易に行けるようになりました。

水に濡れても肌が透けて見えないスイミングスーツの開発が進行していきました。

1900年、スタイル意識の過剰によって肌の露出度が高い水着がもてはやされるようになりました。

1920年、タンク・スーツが流行しました。

短いスカートの付いた水着や学童用水着としてスクール水着も登場してきました。

1946年、肌の露出の大きいツーピース水着であるビキニが発表されました。

ちなみにツーピース水着は、トップス(上着です)とボトムス(下着です)を分けた水着です。

1970年、伸縮性や耐塩素性に優れたハイレグ・カットが登場しました。

現在は、目的別やデザイン別によって利用される機会が増えています。

水泳、海水浴、水遊び、おしゃれ、写真集、広報媒体などに利用されています。



水着のサイズについて

バスト…乳房が最も膨らんでいる所から水平で測った値です。

ヒップ…骨盤の一番広い部分で測った値です。

ウエスト…肋骨から縫い骨盤の間のくびれた部分で測った値です。

日本の主な水着のサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ バスト ヒップ ウエスト
Sサイズ 約75.0㎝~約80.0㎝ 約83.0㎝~約87.0㎝ 約58.0㎝~約62.0㎝
Sサイズ 約78.0㎝~約82.0㎝ 約86.0㎝~約90.0㎝ 約59.0㎝~約63.0㎝
Mサイズ 約81.0㎝~約85.0㎝ 約89.0㎝~約93.0㎝ 約62.0㎝~約66.0㎝
Lサイズ 約84.0㎝~約88.0㎝ 約92.0㎝~約96.0㎝ 約65.0㎝~約69.0㎝
LLサイズ 約87.0㎝~約91.0㎝ 約95.0㎝~約99.0㎝ 約68.0㎝~約72.0㎝
3Lサイズ 約90.0㎝~約94.0㎝ 約98.0㎝~約102.0㎝ 約71.0㎝~約75.0㎝

 

 
 
    

Thank you