太陽熱発電について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

太陽光発電は、太陽光エネルギーを電気に変換できます。

しかし、電気だけの利用だけにしか過ぎません。

他の方法に変換して、多様性を向上させるためにはどのような形になるでしょうか?

新たな手法により、付加価値が増進できるエネルギーを開拓する可能性に希望があります。

太陽は、眩しいというイメージがあります。

光り輝く光エネルギーに対して、オレンジ色の熱いイメージが浮上しました。

①太陽熱発電について

太陽熱発電は、光エネルギーを熱エネルギーに変換して発電をします。

熱を利用した新たな発電ですね。

ちなみに、固定価格買い取り制度には適用されていません。

固定価格買取制度は、エネルギーのタリフ(買取価格です)を法律によって定めている助成制度です。

主な目的としては地球温暖化対策、再生可能エネルギーの普及化、新エネルギーの価格低減などです。

太陽熱エネルギーは2種類に分類されます。

★アクティブソーラーについて

アクティブソーラー…太陽熱エネルギーを能動的に取り込むシステムです。

基本的には、住宅用向けの冷暖房や給湯などに利用されています。

主に3種類の構成上で成り立っています。

●集熱器…太陽の熱を採取する設備です。

●蓄熱槽…集熱器で採取した熱を保存する設備です。

●補助熱源…温度調節ができる設備です。

それぞれは、熱を集める方法が異なります。

●アクティブ空気式ソーラーシステム…冷房などに利用できます。

屋根部分にガラス付き集熱面を設置して、温められた空気を送風機ユニットで床下に送ります。

蓄熱槽内の水を温める事により、給湯などに使用できます。

屋外の冷気を使用すると冷房などに使えます。

●アクティブ水式ソーラーシステム…床暖房、温風暖房などに利用できます。

屋根部分に集熱器を設置して、太陽熱などで熱媒を温めます。

そこに循環ポンプを用いて熱媒を循環させて、蓄熱槽内の水を加温して給湯などに使用できます。

ちなみに熱媒は、集熱器で集められた熱を給湯用水などに伝える物質です。

具体例は、不凍液などです。

★パッシブソーラーについて

パッシブソーラー…太陽熱エネルギーを受動的に取り込むシステムです。

基本的には、太陽熱温水器などに利用されています。

屋根部分に貯湯槽付きの集熱器に設置して、太陽熱による水を温める事ができます。

②太陽熱発電の問題点について

太陽熱発電は、無限エネルギーである地中熱エネルギーを活用できます。

発電時には汚染物質や二酸化炭素などを発生されません。

さらに太陽光発電よりも導入費が安く、蓄熱による24時間体制の発電ができます。

太陽熱発電の問題点についてです。

●広い面積が必要です…発電効率を上げる為です。

太陽光発電よりも広大な土地が必要です。

●発電量が日照に左右される…雨天時や夜間は発電できません。

●緯度や経度によって生産性が変動します…発電効率が変わってしまう為です。

その他にもあります。

安定性の問題が大きな課題ですね。

 
 
    

Thank you