太陽光発電について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

植物が光合成をしているという内容は、中学校の理科の授業で習った事があると思います。

初耳の方は、光合成の簡潔な概要を説明します。

光合成は、主に植物(光合成要素がある生物です)が光エネルギーを化学エネルギーに変換する化学反応です。

植物内にある気孔を通じて、空気中の二酸化炭素を取り入れます。

そして植物内にある道管を通じて、根から水分を吸い上げます。

この時点で二酸化炭素と水が用意されました。

光合成を行う為に、植物内にあるクロロプラスト(葉緑体です)の機能を使います。

太陽から地球にやってくる光エネルギー(光がエネルギーをもっています)を利用できます。

光エネルギーを使用して、光合成が行われます。

処理後、酸素と養分(糖分です)が産出されます。

酸素は植物内にある気孔を通じて、空気中に排出されます。

養分は植物内にある師管を通じて、植物の栄養分として体内に貯蔵されます。

ちなみに、養分はデンプンなどです。

植物はこの仕組みによって、循環しています。

光エネルギーは大きな可能性があります。

太陽光エネルギーは高い知名度がある再生可能エネルギーです。

①太陽光発電について

太陽光発電は、光エネルギーを電気エネルギーに変換して発電をします。

半導体を利用した太陽電池を主に使われています。

半導体は、電気を通す導体と電気を通さない絶縁体の中間の性質がある物質です。

2種類の半導体を使用して、電子の流れを生み出す事で電流が発生できます。

電子は、原子核の周辺で原子を構成しています。

マイナスの性質を持つ素粒子の一つです。

電流は、電子の流れです。

これらを使いやすくしたのが太陽光パネルです。

太陽光パネルは、設置面積が大きいほど大量の電力を生み出す事ができます。

太陽光パネルで発電された電気は、接続箱に収集されます。

しかし、発電された電気は直流です。

●直流…電流の向きが一方向の電流です。

具体例は、電池などです。

●交流…電流の向きが一定の周期で入れ替わる電流です。

具体例は電波などです。

家庭内に利用できる交流に変換する必要性があります。

パワーコンディショナという機能を使います。

この機能により、家庭用向けで使用や電力会社に売電などができます。

ちなみに、自立運転コンセントを利用すると非常用電源にできるので便利です。

パワーコンディショナは、太陽電池で送電した直流電流を交流電流に変換できる設備です。

自立運転コンセントは、太陽光パネルで発電した電力だけ使用できます。

作動中は、自立運転コンセントからしか電気の供給ができません。

ちなみに、電力会社との接続はしていないです。


②太陽光発電の問題点について

太陽光発電は、無限エネルギーである太陽光を活用できます。

発電時には汚染物質や二酸化炭素などを発生されません。

太陽光発電の問題点についてです。

●発電量が日照に左右される…雨天時や夜間は発電できません。

●広い面積が必要です…発電効率を上げる為です。

その他にもあります。

効率性を求めた安価な太陽電池の開発が必要ですね。

 
 
    

Thank you