スリップについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

実用性がある飾りつけやデザインが魅力的な女性向けの衣服は、

バリエーションが多く、日常生活に利用できる服がいっぱいです。

贅沢な装飾が施されているファッション・ブランドの中のランジェリーは、

あまりの美しさに思わず衝動買いしそうな空間が広がっています。

ちなみにスリップは、コーディネートのサポートをしてくれます。

ショーツやブラジャーなどの可愛いアイテムと一緒に着用しましょう。

スリップについて

スリップは、女性向けの下着です。

大きな特徴は、袖なしの細い肩紐が吊るしている事です(長い円筒風のスカートです)。

そして、透け防止効果や外衣の汗染み防止効果が備わっています。

女性向けのランジェリーの1種です。

ちなみにランジェリーは女性用の肌着、下着、部屋着です(装飾下着です)。

基本的に下着の一番上に着用して、美しいシルエットを作りだす効果が期待できます。

しかし、体型を補整する機能部分はないですが、

フリルやレースなどの贅沢品をあしらったプリント柄で楽しむ事ができます。

さらに過激な露出を避ける時に利用されています。

細い肩紐があって、切り替えがないスリムライン・ドレスです。

フォーマルの場では、肩から背中にかけて露出度が高い下着を着用するタイプが多いです。

 

主なスリップの素材についてです。

ナイロン…弾力性が高い素材です。

ポリエステル…耐久性が高い素材です。

キュプラ…吸湿性が高い素材です。

主なスリップの種類について

ロングスリップ…膝下まである長いスリップです。

【参考画像】

ミニスリップ…膝上にある裾が短いスリップです。

【参考画像】

ジュニアスリップ…子ども向けのスリップです。

【参考画像】

ラウンドスリップ…タンクトップ風のスリップです。

【参考画像】

ブラスリップ…ブラジャー機能があるスリップです。

【参考画像】


切り替えスリップ…上半身は綿素材、スカート部分はナイロン素材のスリップです。

【参考画像】

スリップの歴史について

スリップの語源は、ワンピース風のランジェリーです(洋服のすべりを良くする効果があります)。

1930年、スリップが普及しました。

肌着として利用されていたシュミーズの利用価値が低くなっていきました。

そしてシュミーズは、中世時代以降の西洋風の肌着です。

ちなみにスリップはドレスの着こなしの改善を重視しています。

シュミーズは実用性を重視しています。

1998年、スリップドレスが流行りました(ランジェリールックです)。

現在は、カジュアル系やチルド系などの種類が増えています。



スリップのサイズについて

トップバスト…乳房が最も膨らんでいる所から水平で測った値です。

日本の主なスリップのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ トップバスト
Sサイズ 約71.0cm~約78.0㎝
Mサイズ 約79.0cm~約87.0㎝
Lサイズ 約86.0cm~約94.0㎝
LLサイズ 約93.0cm~約101.0㎝
3Lサイズ 約100.0cm~約108.0㎝
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター