スカートについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

東京都内にある原宿や渋谷等を歩いているとJK(女子高生です)を中心とした若者が目立ちます。

若者の多い場所は、読者モデル関係のスカウト軍団がよく出没する勧誘スポットです。

そして学生服の定番であるスカートは、馴染みのあるファッション・アイテムです。

さらに女性は、自分が気に入った服でおしゃれを楽しみたいモノです。

お気に入りのスカートを穿いてスカッとしましょう。

スカートについて

スカートは、腰より下を覆う筒状の衣服です。

別名は、スコートです。

そして主に女性が着用している事が多いです。

世界各地には巻きスカート風の民族衣装があるので、男性が着用している事もあります。

最近の男性服はズボン、女性服のスカートを象徴する観念が生まれました。

観念に関しては、中世時代~近世時代以後の西洋で誕生した後天的な習慣から始まりました。

さらに、布を巻き付けるように着用する巻きスカートも存在しています。

大きな特徴は、足を露出する事によって美しく見せる効果があります。

 

主なスカートの生地についてです。

ウール…吸湿性が高いです。

綿…吸水性が高いです。

…通気性が高いです。

主なスカートの種類について

ロングスカート…膝よりも丈が長いスカートです。

【参考画像】

ミニスカート…総丈が膝よりも上まであるスカートです。

【参考画像】

プリーツスカート…縦線の山折り谷折りのひだを重ねたスカートです。

【参考画像】

フレアスカート…アサガオの花びら風のスカートです。

【参考画像】

キュロットスカート…股の分かれた膝丈のスカートです。

【参考画像】

ラップスカート…1枚の布を巻き付けてウエストで留めたスカートです。

【参考画像】

チュールスカート…バレリーナが着用しているスカートです。

【参考画像】

サロペットスカート…胸当てと吊り紐が付いたスカートです。

【参考画像】

スカートの歴史について

17世紀頃までは、男女問わずにスカート風のボトムスを着用していました。

その後、動きやすい機能面があるズボンが普及して、

男性はズボン、女性はスカートとして固定概念が生まれました。

19世紀、婦人服の下半身衣に対して多様なデザインが次々に試みられました。

1870年、バッスルスカートが出現しました。

バッスルスカートは、後ろを膨らませてヒップラインを強調する為に仕様された女性用の腰当てです。

第2次世界大戦後、スカート丈の変化に大きな変動を遂げました。

1960年、ミニスカートが生まれました。

そしてスカートは、自然に体に沿う筒型と人工的に膨らみがあるベル型の2種類に分類されるようになりました。

筒型は、古代時代や中世時代の筒形の衣装の下半身です。

ベル型は、膨らみを出すための支えと下着に工夫した下半身です。

1980年以後、女性はスカートを穿くという固定岩塩が崩れていきました。

以前の日本は、女性のほとんどがスカートを着用して、

成人女性の一般的服装として広く普及していきました。

2000年以降、スカート丈よりも長いレギンスやズボンなどと重ね着が普及しました。

レギンスは、丈の長いスパッツです。

現在は、パンツの流行や痴漢防止対策として使用頻度が下がっています。

そして、スカート・オン・パンツを利用する女性が増えてきました。

スカート・オン・パンツは、パンツの上からスカートを穿く事です。

さらに少数の男性がコスチュームを用いて、スカートを着る文化があります。



スカートのサイズについて

総丈…ウエスト上部から裾先先端までを直線で測った値です。

ヒップ…骨盤の一番広い部分で測った値です。

ウエスト…肋骨から縫い骨盤の間のくびれた部分で測った値です。

日本の主なスカートのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 総丈 ヒップ ウエスト
Sサイズ 約45.0㎝ 約84.0㎝ 約66.0㎝
Mサイズ 約46.0㎝ 約88.0㎝ 約70.0㎝
Lサイズ 約47.0㎝ 約92.0㎝ 約74.0㎝
XLサイズ 約48.0㎝ 約96.0㎝ 約78.0㎝
XXLサイズ 約49.0㎝ 約100.0㎝ 約82.0㎝
 
 
    

Thank you