シャツについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

シャツは、ファッションセンスが飛躍的に表現できる服です。

仕事やプライベートなどで、充実した生活を過ごす事ができます。

そして、自分に合った服装(メンズやレディースなどです)をセレクトできます。

多くのデザインやサイズバリエーションがあるシャツは、

スタイリッシュなおしゃれアイテムとして着こなせます。

シャツについて

シャツは、上半身に着用する衣服です。

そして肌着、上着の下に着るシャツ、上着として着るシャツなどがあります。

別名は、肌着です(肌着の上に着用する場合もあります)。

世間的に同性向けのシャツはワイシャツ、

女性向けのシャツはブラウス(シャツウエストです)として呼ばれています。

 

主に3種類の代表的な生地が広く利用されています。

ポリエステル…弾力性がある素材です。

化学繊維素材、型くずれを起こしにくい、しわになりにくいなどです。

大きな特徴は乾きやすい、吸湿性が低い、水分による収縮がないなどです。

ワイシャツによく利用されています。

木綿…吸湿性が高い素材です。

天然繊維素材、通気性が高い、保温性が高いなどです。

大きな特徴はシワになりにくい、水分による収縮がしやすい、洗濯やアイロンに適しているなどです。

ワイシャツによく利用されています。

…肌触りが高い素材です。

麻天繊維素材、放熱性が高い、放湿性が高いなどです。

大きな特徴は通気性が高い、水分の吸収性がある、洗濯やアイロンに適しているなどです。

Tシャツによく利用されています。

主なシャツの種類について

ワイシャツ…スーツの下に着用するシャツです。

【参考画像】

デニムシャツ…デニム生地で使用されたシャツですです。

【参考画像】

カッターシャツ…襟とカフスボタンが固定されているシャツです。

【参考画像】

ミリタリーシャツ…軍服用のシャツです。

【参考画像】

カジュアルシャツ…軍服用のシャツです。

【参考画像】

チェックシャツ…チェック柄があるシャツです。

【参考画像】

フードシャツ…フードが付いているシャツです。

【参考画像】

ボタンダウンシャツ…です。

【参考画像】

シャツの歴史について

シャツは、古代ローマ時代から着用されていたチュニックが起源です。

チュニックは、ワンピース風の衣服です。

当時は、内着として布切れを着ていました。

そして中世時代に入り、ヨーロッパ諸国は襟や袖口などを付けたシャツが誕生しました。

基本的には上流階級の人々が使用していて、シャツの装飾化が流行りました。

19世紀、ボタンを使ったシャツが普及して、一般市民に広く利用されるようになりました。

日本では、文明開化によって着物から洋服(シャツを含めます)へ切り替える時期です。

しかし、洋服の導入当初はネガティブなイメージ扱いでした。

20世紀、シャツの多様化と伴い、世界中に普及していきました。

日本の戦前時代は、都会を中心に洋装が普及して、田舎は和装が中心でした。

戦後は、日本全国に洋服が普及して、フャッションの流行化が起きました。

1980年、CDブランドの流行によって、フォーマルな衣服が流行りました。

1990年、カジュアルシャツが一般化しました。

21世紀、若い女性を中心にファッション界が多様化しました。

現在は、男性ファッションリーダー(所ジョージさん、菅田将輝さん、G-DRAGONさんなどです)、

女性ファッションリーダー(ローラさん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、Miranda Kerrさんなどです)

などの人物がオシャレな着こなしからカリスマ性を放っています。



シャツのサイズについて

首周り…喉仏下部から1周分までを直線で測った値です。

裄丈…首の付け根から手首までを直線で測った値です。

 

日本の主なシャツのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 首周り 裄丈
Sサイズ 約37.0㎝ 約78.0㎝~約81.0㎝
Mサイズ 約39.0㎝ 約82.0㎝~約84.0㎝
Lサイズ 約41.0㎝ 約84.0㎝~約86.0㎝
LLサイズ 約43.0㎝ 約84.0㎝~約86.0㎝
3Lサイズ 約45.0㎝ 約84.0㎝~約88.0㎝

 

 
 
    

Thank you