サロペットとオーバーオールについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

オーバーオールとサロペットという呼び方がされている作業用向けの衣服が誕生しました。

そして、個性的なファッションセンスと独特な色合いのコラボレーションが実現しました。

さらに背中を覆っているオーバーオールと背中が開いているサロンペットです。

しかし、オールインワンと区別するのが難しいです。

オールインワンは、トップス(上半身に着る服です)と

ボトムス(下半身に着る服です)を合わせた衣服です。

ちなみにオーバーオールは英語名、サロペットはフランス語です。

サロペットとオーバーオールについて

サロペットやオーバーオールは、作業着の1種です。

基本的にオーバーオールは、胸当てにとサスペンダー(吊り紐です)が付いたズボンです。

全体的に一体化されています(ハイバック式です)。

男性向けのファッションとして認知されています。

ちなみにサロペットは、吊り紐が背中で交差された衣服です。

肩紐が背中で交差されています(クロス式です)。

女性向けのファッションとして認知されています。

大きな特徴は、ポケットが付いてある事です。

主に作業用の道具を入れる為に作成されました。

 

主なサロペットとオーバーオール生地の原材料についてです。

デニム…動きやすい素材です。

ポリエステル…シワになりにくい素材です。

ヒッコリー…古着と相性が良い素材です。

主なサロペットとオーバーオールの種類について

ショートオール…半ズボン形式のオーバーオールです。

【参考画像】

ロングオール…長ズボン形式のオーバーオールです。

【参考画像】

サロペットパンツ…アウトドア向けのサロペットです。

【参考画像】

サロペットスカート…ウエスト部分から吊り紐が付いているサロペットです。

【参考画像】

サロペットとオーバーオールの歴史について

1860年、ゴールドラッシュ時に作業員の要望によって作成されました。

主な目的として中に着ているトップスに汚れが付かないように作られた服です。

当時は、耐久性が高いキャンバス生地を使用する事が多かったです。

そして金鉱探しを目的とした作業員たちが丈夫なサロペットとして人気を集めていました。

1970年、日本でジーンズが流行しました。

当時は、オーバーオールが主流で胸当て部分斐付いているレザーベルトが人気でした。

2006年、若い女性を中心にサロペットとして流行しました。

現在は、女性向けのファッションアイテムとして時代に応じて変化しています。

特にサロペットよりもオーバーオールの方が人気です。

特に呼び方については、新鮮なデザインや子供向けの衣服として幅広く利用されています。

最近は、マタニティウェアが登場して女性向けのオーバーオールが増えています。

サロペットとオーバーオールのサイズについて

総丈…ウエスト上部から裾先先端までを直線で測った値です。

桁丈…後衿中央部分から袖先先端までを直線で測った値です。

胸囲…胸の周囲を直線で測った値です。

胴囲…胴の一番細い部分の周囲を直線で測った値です。

股下…股下の縫い目から裾先端までを直線で測った値です。

日本の主なオーバーオールのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 総丈 桁丈 胸囲 胴囲 股下
SSサイズ 約148.0㎝ 約73.0㎝ 約106.0㎝ 約82.0㎝ 約76.0㎝
Sサイズ 約151.0㎝ 約76.0㎝ 約110.0㎝ 約86.0㎝ 約76.0㎝
Mサイズ 約156.0㎝ 約80.0㎝ 約114.0㎝ 約90.0㎝ 約78.0㎝
Lサイズ 約161.0㎝ 約83.0㎝ 約118.0㎝ 約94.0㎝ 約80.0㎝
XLサイズ 約166.0㎝ 約86.0㎝ 約122.0㎝ 約98.0㎝ 約80.0㎝
3Lサイズ 約171.0㎝ 約89.0㎝ 約126.0㎝ 約102.0㎝ 約82.0㎝
 
 
    

Thank you