リップルについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ビットコインやアルトコインが、活気づいています。

NHKや民法放送局で仮想通貨に関する特集をやっていました。

少しずつ暗号通貨に対する価値観が変わってくると思っています。

仮想通貨対応の決算システムを導入する飲食店も増えてきました。

今回は、リップル(リップルコインです)についてです。

リップルについて

Rippleは、デジタル通貨の1種です。

決算・送金サービスとして有名ですね。

ビットコインが利用しているブロックチェーン技術ではなく、

取引時間を解消して、短時間で送金を可能とした独自システムがRippleです。

Ripple Labs,INC.によって、

開発が行われている分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システムです。

現在は、Googleの子会社が出資しています。

そして、外国為替・送金ネットワークです。

この決算システム内で仲介通貨として利用されているのがXRPです。

XRPは、仮想通貨(トークンです)です。

1000億XRPが、リップルのシステム内に組み込まれていて、

それ以上増える事はありません。

ちなみに、リップルコインは正式名称ではありません。

現在は、銀行などの金融機関で行われている金融商品の送金システムをの効率化をしています。

これは、金融商品間の取引に対して仲介通貨を導入して、効率化を図っています。

送金時に手間が掛かる作業簡略化した決算システムが、リップルの強みです。

リップルは、様々な国の通貨を為替取引で容易に取引ができます。

金融機関の仲介用通貨として注目されています。

リップルシステムが普及すると、仲介通貨のXRPの価値が上がります。

リップルの特徴について

Rippleの大きな特徴としては、IOU取引と呼ばれる仕組みがあります。

IOU…ゲートウェイが顧客から引き受けた預金に対して発行する借用証明書です。

これは、I owe youの略語です(私はあなたに借りがあります)。

ゲートウェイ…顧客から通貨預金を引き受けて、

代用としてリップルのネットワークシステムの残高を発行する場所です。

そして、Rippleのネットワークシステムを利用しているユーザー同士内のお金の取引が、

借用書によって利用する事が可能です(低コストです)。

さらにIOUは、法定通貨や仮想通貨などの色んな通貨と交換ができます。

しかし、リップルを預けている場所にハッキング行為などが起きるとその借用書は、

無価値となりますので注意が必要です。

Rippleのネットワークシステムにアクセルする場合は、

トランザクションに対する手数料が発生します。

手数料は、XRPで対応できます。

これは、ネットワークの攻撃や改ざんなどのスパム行為対策です。

XRPの最小単位についてです。

1XPは、1000000dropsです。

最小単位は、dropです。

リップルの歴史について

2004年、カナダのウェブ開発者であるRyan Fuggerさんが考案をしました。

これは、リップル・トランザクション・プロトコル(RTXPです)として、

開発が始まりました。

トランザクション…データベース管理システム内の情報処理です。

プロトコル…決算や送金のルールです。

独自の取引ルールが適用される『リップルネットワーク』を構築する為に、

Ripple Labs,INC.の目的として行われています。

2015年、世界経済フォーラムにおいて、テクロノジーパイオニア証を受賞しました。

2016年、みずほ銀行、りそな銀行などの銀行と海外の大手金融機関が、

Rippleネットワークの採用を表明しました。

2017年、三菱東京UFJ銀行がRipple Inc.と提携しました。



リップルの保管所について

リップルの取引所に預けるとIOU取引になります。

公式ウォレット…リップルの公式ウォレットを利用する方式です。

Ripple Tradeは、2016年03月31日で終了しています。

リップルを取り扱う場合は、取引所内でウォレットを作成する必要があります。

メリットは公式が明確に提示されている事などです。

デメリットは非常に重い(PCに負荷が掛かります)です。

WEBウォレット…パソコン上で利用する方式です。

メリットは、オンライン上で管理ができるなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

ハードウォレット…オフラインで利用できる方式です。

メリットはセキュリティが高い、オフラインで保管できる、他の仮想通貨も対応できるなどです。

デメリットはハッキング等の問題などです。

ウォレットは、リップルを保管できるツールです。

リップルの購入方法と売却方法について

リップルの購入方法は、各取引所や各販売所を通じて購入する事ができます。

最有力候補の取引所があります。

Coincheck(コインチェックです)です。

その他の各販売所は東京JPY発行所、bitbank、Mr.Rippleなどがあります。

ちなみに、マイニングをする方法もあります。

マイニングは、採掘する事です。

現状では、PCから生成する事ができます。

項目 Coincheck
特徴 簡単に仮想通貨を購入できる取引所は日本一です。
入金手数料 自己負担です。
出金手数料 400円です(税込です)、
高速を利用した場合は756円(税込です)。
販売所の取引手数料 無料です(期間限定です)。
先物取引や信用取引の手数料 買いの場合は日ごとに0.04%の支払いです、
売りの場合は日ごとに0.05%の支払いです。
レバレッジ 信用取引は5倍です。

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

リップルの売却方法は、各取引所や各販売所を通じて売却する事ができます。

暗号通貨や仮想通貨を利用する際は、自己責任です。

電子通貨は、リターンとリスクが生じます。

通貨に関する知識を理解した上で、取り組んで下さい。

 
 

リップルについて

ビットコインやアルトコインが、活気づいています。

NHKや民法放送局で仮想通貨に関する特集をやっていました。

少しずつ暗号通貨に対する価値観が変わってくると思っています。

仮想通貨対応の決算システムを導入する飲食店も増えてきました。

今回は、リップル(リップルコインです)についてです。

リップルについて

Rippleは、デジタル通貨の1種です。

決算・送金サービスとして有名ですね。

ビットコインが利用しているブロックチェーン技術ではなく、

取引時間を解消して、短時間で送金を可能とした独自システムがRippleです。

Ripple Labs,INC.によって、

開発が行われている分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システムです。

現在は、Googleの子会社が出資しています。

そして、外国為替・送金ネットワークです。

この決算システム内で仲介通貨として利用されているのがXRPです。

XRPは、仮想通貨(トークンです)です。

1000億XRPが、リップルのシステム内に組み込まれていて、

それ以上増える事はありません。

ちなみに、リップルコインは正式名称ではありません。

現在は、銀行などの金融機関で行われている金融商品の送金システムをの効率化をしています。

これは、金融商品間の取引に対して仲介通貨を導入して、効率化を図っています。

送金時に手間が掛かる作業簡略化した決算システムが、リップルの強みです。

リップルは、様々な国の通貨を為替取引で容易に取引ができます。

金融機関の仲介用通貨として注目されています。

リップルシステムが普及すると、仲介通貨のXRPの価値が上がります。

リップルの特徴について

Rippleの大きな特徴としては、IOU取引と呼ばれる仕組みがあります。

IOU…ゲートウェイが顧客から引き受けた預金に対して発行する借用証明書です。

これは、I owe youの略語です(私はあなたに借りがあります)。

ゲートウェイ…顧客から通貨預金を引き受けて、

代用としてリップルのネットワークシステムの残高を発行する場所です。

そして、Rippleのネットワークシステムを利用しているユーザー同士内のお金の取引が、

借用書によって利用する事が可能です(低コストです)。

さらにIOUは、法定通貨や仮想通貨などの色んな通貨と交換ができます。

しかし、リップルを預けている場所にハッキング行為などが起きるとその借用書は、

無価値となりますので注意が必要です。

Rippleのネットワークシステムにアクセルする場合は、

トランザクションに対する手数料が発生します。

手数料は、XRPで対応できます。

これは、ネットワークの攻撃や改ざんなどのスパム行為対策です。

XRPの最小単位についてです。

1XPは、1000000dropsです。

最小単位は、dropです。

リップルの歴史について

2004年、カナダのウェブ開発者であるRyan Fuggerさんが考案をしました。

これは、リップル・トランザクション・プロトコル(RTXPです)として、

開発が始まりました。

トランザクション…データベース管理システム内の情報処理です。

プロトコル…決算や送金のルールです。

独自の取引ルールが適用される『リップルネットワーク』を構築する為に、

Ripple Labs,INC.の目的として行われています。

2015年、世界経済フォーラムにおいて、テクロノジーパイオニア証を受賞しました。

2016年、みずほ銀行、りそな銀行などの銀行と海外の大手金融機関が、

Rippleネットワークの採用を表明しました。

2017年、三菱東京UFJ銀行がRipple Inc.と提携しました。



リップルの保管所について

リップルの取引所に預けるとIOU取引になります。

公式ウォレット…リップルの公式ウォレットを利用する方式です。

Ripple Tradeは、2016年03月31日で終了しています。

リップルを取り扱う場合は、取引所内でウォレットを作成する必要があります。

メリットは公式が明確に提示されている事などです。

デメリットは非常に重い(PCに負荷が掛かります)です。

WEBウォレット…パソコン上で利用する方式です。

メリットは、オンライン上で管理ができるなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

ハードウォレット…オフラインで利用できる方式です。

メリットはセキュリティが高い、オフラインで保管できる、他の仮想通貨も対応できるなどです。

デメリットはハッキング等の問題などです。

ウォレットは、リップルを保管できるツールです。

リップルの購入方法と売却方法について

リップルの購入方法は、各取引所や各販売所を通じて購入する事ができます。

最有力候補の取引所があります。

Coincheck(コインチェックです)です。

その他の各販売所は東京JPY発行所、bitbank、Mr.Rippleなどがあります。

ちなみに、マイニングをする方法もあります。

マイニングは、採掘する事です。

現状では、PCから生成する事ができます。

項目 Coincheck
特徴 簡単に仮想通貨を購入できる取引所は日本一です。
入金手数料 自己負担です。
出金手数料 400円です(税込です)、
高速を利用した場合は756円(税込です)。
販売所の取引手数料 無料です(期間限定です)。
先物取引や信用取引の手数料 買いの場合は日ごとに0.04%の支払いです、
売りの場合は日ごとに0.05%の支払いです。
レバレッジ 信用取引は5倍です。

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

リップルの売却方法は、各取引所や各販売所を通じて売却する事ができます。

暗号通貨や仮想通貨を利用する際は、自己責任です。

電子通貨は、リターンとリスクが生じます。

通貨に関する知識を理解した上で、取り組んで下さい。

    

Thank you