インフルエンザの予防と対策について【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

化学の進歩が飛躍的に注目されている現代社会は、

高度な医療方法によって多くの病原体に対抗できる医薬品が開発されています。

インフルエンザウイルスもそろそろ科学の醍醐味に気付き始める頃でしょう。

人間とウイルスの壮大な戦いは、まだ続きます。

地球上に住んでいる限りは、避けては通れない壁です。

ウイルスと仲良く共存する事ができる社会はやってくるのでしょうか?

病原体と対談する機会を設けられないと早期解決する事が難しいです。

インフルエンザの予防と対策について

インフルエンザは、感染症に関する病気です。

インフルエンザウイルスの感染を防ぐ為には、ウイルスを吸いまないようにする事です。

主な予防策は、新型インフルエンザに対しても有効です。

王道な手法である手洗いやうがいは、規則正しいやり方があります。

バランスの良い食事…免疫力を高める効果があります。

予防接種…病原体の感染率を下げる効果があります。

マスク…喉を温める効果があるのでウイルスが増えにくくなります。

歯磨き…口内の細菌を減らす効果に繋がります。

人混みを避ける…感染しやすくなる確率を下げる事ができます。

エチケット…飛沫感染対策です(病原体を飛び散りにくくします)。

体温を計る…発熱の確認をする事ができます。

正しい手洗いのやり方について

①石鹸をよく泡立てます。

②手の甲も良く洗います。

③指は1本ずつ洗います。

④両手を重ねて指の股も洗います。

⑤爪を手の平にこすりつけるようにして洗います。

⑥手首を洗います。

⑦石鹸が残らないように良く洗浄します。

⑧乾いた清潔なハンカチやタオルで拭き取ります。



正しいうがいのやり方について

①口の中を洗います。

②天井を見上げながら約15秒間大きな口を開けながらうがいをします(2回行います)。

インフルエンザの対策について

インフルエンザに感染した時の対処法は、安静に睡眠をします。

重症になりにくくする事に繋がります。

●部屋内はウイルスが多いので1時間に3回程度喚起します。

●食べ物は、消化が良い栄養価の高い食べ物を食べます。

●水分補給は、1日2ℓ(リットルです)程度を飲みます。

●室内の湿度は、約50%~約60%程度を保ちます。

乾燥している状態が続くとインフルエンザにかかりやすくなります。

具体例は、加湿器を利用します。

●ウイルスを避ける努力をします。

トイレやドアノブなどを消毒向けのエタノールや二酸化塩素の液剤を使用して清潔を保ちます。

●高熱時は太い血管部分を冷やします。

首周りや腋下などを保冷剤や冷やしたタオルを当てます。

しかし、やりすぎると低温になる可能性があるので状況によって行います。

●高熱や下痢は、経口補水液を利用します(水分補給です)。

●解熱剤は医師の処方箋に従って服用するようにしましょう。

市販向けの医薬品は避けるようにしましょう。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター