ピアスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

おしゃれアイテムとして手軽に利用できる装飾品は、大人気です。

クラフト文化やハンドメイド文化も浸透してきている現在は、

ジュエリーに対する思いが大きくなってきています。

宝石箱のような美しい輝きがあるピアスは、ユニークなアクセサリーです。

個性感がある両耳用や片耳用などの種類が豊富です。

特にボディピアスは、アフターフォローが充実してきています。

ピアスについて

ピアスは、身体の一部に穴を開けて付ける装身具(工芸品です)です。

そして、穴を貫通させるという意味がある派生語です。

ちなみに、和製英語です。

基本的には耳や体にピアスを利用します。

耳の場合は、古代文明時代から受け継がれた装飾目的で利用されています(ピアスの原型です)。

身体の場合は、20世紀頃から受け継がれたファッション目的で利用されています(ボディピアスです)。

その後、身体に穴を開けるボディピアッシングという言葉も使用されるようになりました。

特に鼻、舌、手などに穴を開ける人が多いです。

しかしピアスは、感染症や金属アレルギーなどの副作用が発生する事があります。

病気になる恐れがあるので、十分注意して行って下さい。

日本では、ピアスを禁止する法律はないです。

しかし学校の校則によって禁止している事が多いです。

初めての方や不安がある方は、医療機関を利用するようにしましょう。

さらに、外耳に穴を開けて取り付ける耳飾りであるイヤリングがあります。

 

主なピアス器具についてです。

ピアスガン…ピアスホール(穴です)を開ける為の簡易器具です。

ニードル…綺麗にピアスホールができます。

ピアッサー…短時間でピアスホールができます。

主なピアスの素材についてです。

ゴールド…女性に人気な素材です。

シルバー…安価な素材です。

プラチナ…アクセサリー向けの素材です。

主なイヤリングの種類について

サーキュラー・バーベル…円形のピアスです。

【参考画像】

ストレート・バーベル…大きい部位向けのピアスです。

【参考画像】

ラブレッド・スタッド…小さい部位向けのピアスです。

【参考画像】

バナナ・バーベル…少し曲がっているピアス。

【参考画像】

スパイラル・バーベル…曲がっているピアスです。

【参考画像】

ピアスの歴史について

エジプト文明時代、魔除け目的でピアスが利用されていました。

その後、装飾品として使用されるようになりました。

宗教的な要素として病気や魔物から免れる為に穴の開いている部分を保護目的で使われていました。

地域ごとによって手法は変わりますが、子どもが生まれた際にピアスをする文化があります。

金属製法が発達して形を変形する技術が進歩して、リング状のピアスが普及しました。

縄文時代、ピアスの風習によって魔除け目的で利用していました。

中世時代、風習の変化によって次第に魔除け効果が薄れていきました。

20世紀、ヨーロッパ諸国を中心にファッション要素としてピアスが採用されてきました。

その後、欧米諸国やアジア諸国に普及してピアス文化が広がりました。

現在は、若者や趣味などの多様化によって利用する人が多岐にわたりました。



ピアスのサイズについて

ゲージ…ピアスの中心から円周部分に測った値です。

日本の主なピアスのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ ゲージ
0G 約0.8㎝
2G 約0.6㎝
4G 約0.5㎝
6G 約0.4㎝
8G 約0.3㎝
10G 約0.25㎝
12G 約0.2㎝
14G 約0.16㎝
16G 約0.12㎝
18G 約0.1㎝
20G 約0.08㎝
 
 
    

Thank you