ネックレスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

長い歴史を経て受け継がれてきた装身具は、深い美しさが込められています。

胸元からオーラが漂うネックレスは、ジュエリーの代表格です。

いつも近くにある首と工芸品を追求した美の円です。

毎日を自分らしく生きていくお友達がそばにいます。

ダイヤモンドのような輝きは、純粋な心を求めている証です。

ネックレスについて

ネックレスは、首に着ける装身具です。

別名は、首飾りです。

基本的にテレビドラマやアニメなどで使用されたネックレスは大きな人気を博しています。

そして、金属アレルギー症状などを起こす場合もあるので注意が必要です。

高級ブランド品として高価なタイプもあります。

ちなみに装身具は、身を飾る為の工芸品です。

大きな特徴は、1つ1つの糸でつながっている事、輝きがある事です。

さらに真珠入りのネックレスの場合は、冠婚葬祭で利用される事が多いです。

婚礼向けは真珠珠、葬儀向けが黒真珠です。

 

主なネックレスの素材についてです。

ゴールド…高級感がある素材です。

シルバー…スタンダードな素材です。

プラチナ…光沢感がある素材です。

主なネックレスの種類について

クロス・ネックレス…十字架タイプのネックレスです。

【参考画像】

フラワー・ネックレス…花型タイプのネックレスです。

【参考画像】

ラブ・ネックレス…ハート型タイプのネックレスです。

【参考画像】

勾玉…開運向けのネックレスです。

【参考画像】

スター・ネックレス…星型タイプのネックレスです。

【参考画像】

ムーン・ネックレス…月型タイプのネックレスです。

【参考画像】

ネックレスの歴史について

動物の骨や貝殻などを縄に通して装飾品として使用されていました。

古代エジプト時代、ピラミッドの王族が宝石ネックレスを使用されていた事が明らかになりました。

ローマ時代、貴族の女性を中心に鮮やかなネックレスを身を飾っていました。

古墳時代、勾玉や水晶などのネックレスが利用されていました。

当時は、権力の象徴やお守りの代替品として一般的に普及していきました。

18世紀、ヨーロッパ諸国の上流階級が高級品としてファッションアイテムとして使用していました。

19世紀、一般庶民に普及していき始めました。

21世紀、真珠の生産量が減り始めていて、淡水真珠入りのネックレスが増加しています。

ちなみに淡水真珠は、透明感がある真珠です。

現在は、多くの人々がファッションの定番アイテムとして人気を誇っています。

人気女優やカリスマモデルを筆頭にプロデュースしたネックレスが人気が高いです。



ネックレスのサイズについて

日本の主なネックレスのサイズ表についてです(参考値です)。

名称 サイズ
チョーカー 約35.0㎝~約40.0㎝
プリンセス 約40.0㎝~約50.0㎝
マチネー 約50.0㎝~約60.0㎝
オペラ 約70.0㎝~約80.0㎝
ロープ 約110.0㎝~約130.0㎝
ロングロープ 約140.0㎝~約160.0㎝
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア